法定教育研修

支援事例

出張オーダーメイド研修の一例をご紹介します。

フルハーネス型墜落制止用器具特別教育[2019年2月1日 改正法令施行]   低圧電気取扱業務特別教育研修

フルハーネス型墜落制止用器具特別教育

労働安全衛生規則の一部改正(2019年2月1日施行)および安全衛生特別教育規程等の一部を改正する告示により、特別教育(学科4.5時間、実技1.5時間)の受講が必要になりました。

 

低圧電気取扱業務特別教育研修

労働安全衛生法 第59条3項の規定により、特別教育の義務付けがされています。特別教育を必要とする業務の中に、低圧電気工事も含まれます。電気工事士の資格だけでなく、特別教育が必要になります。