パナソニック・ホーム パナソニックLS創研 > 研修・教材 > 公開研修 > エネルギーマネジメントアドバイザー資格認定講座

エネルギーマネジメントアドバイザー資格認定講座

エネルギーマネジメントアドバイザーは、太陽光発電、蓄電池、HEMSなどのハードの知識だけでなく、複雑化、多様化するエネルギーマネジメント関連の内容を理解し、一般消費者に正しい説明ができるアドバイザーとして認定するものです。 住宅の省エネ化 ゼロエネ化が必要不可欠な時代が到来するなかで、注目されている資格です。

エネルギーマネジメントアドバイザー資格について

資格取得のメリット・エネルギーに関する幅広い知識の習得(営業時に役立ちます)・最新の動向、環境基本計画(パリ協定・SDGsとは)、環境政策に関する最新情報を取得・EMAロゴの使用が可能。名刺などに刷り込むことで、顧客面談時の信頼性が大幅アップ

対象

資格取得のメリット一般の消費者にアドバイスをする機会が多い幅広い層で・太陽光販売会社、電材代理店、電気工事会社、住宅会社、工務店の営業・設計・インテリアコーディネー
ターの皆さま・ホームセンター、家電店、量販店の販売員の皆さま・エネルギー関連会社(ガス、電気、他)の営業の皆さま

研修概要

エネルギーマネジメントアドバイザーになるには?

認定センターによって定められた「エネルギーマネジメントアドバイザー資格認定講座」を受講し、カリキュラム終了後の試験に合格された方をエネルギーマネジメントアドバイザーとして認定します。 認定証には2年間有効期限があり、認定センターの講義を受講し、最新動向を学ぶことで、更新が可能です。

エネルギーマネジメントアドバイザー資格認定者実績

アドバイザー資格の認定・登録までのながれ

講義終了後の試験に合格された方をエネルギーマネジメントアドバイザーとして認定します。 認定証には2年間有効期限があり、最新動向を学ぶことで、更新が可能です。

アドバイザー資格の認定・登録までのながれ図

アドバイザー認定証について

エネルギーマネジメントアドバイザー認定証

【新規】
試験に合格された方には、「エネルギーマネジメントアドバイザー」として認定証が 交付されます。

【更新】
認定証の有効期限は2年間です。2年毎に更新が必要となります。 更新費用:8,640円(税込)
〈認定後のフォローアップ体制〉
・認定者対象のフォローアップ研修や見学会を開催しています。
一般社団法人 日本PVプランナー協会ホームページにて、認定者向けの映像視聴や資料の閲覧が可能です。
・メールマガジンで新しいエネマネ最新情報をお届けします。


資格認証機関

パナソニック ライフソリューションズ創研株式会社は、エネルギーマネジメントアドバイザー認定センターに認証された研修機関で、エネルギーマネジメントアドバイザー認定の講座及び、認定試験を実施しています。

お申込み・日程はこちら

カリキュラム

カリキュラム表

※試験問題用紙は当日回収させていただきます。
※試験結果は、後日連絡いたします。(合格ラインや点数開示はおこないません)

講師紹介

古川 幸司

古川 幸司

パナソニック ライフソリューションズ創研株式会社 上席講師
一般社団法人日本PVプランナー協会
顧問 Wawa企画 代表


松下電工株式会社(現パナソニック株式会社)に入社
在籍中は照明事業、情報システム事業関連を担当
・住宅電機設備関連商品を中心に住宅会社への開発営業を経験
ホームシステムソリューションズを担当
・ホームネットワークシステム〜ホームエネルギーマネジメント事業を推進
「防犯設備士」「うちエコ診断員」「エネルギー管理員」「家庭の省エネエキスパート」「ビルの省エネエキスパート」など保有。

お申込み・日程はこちら


管理者のための組織メンタル力アップ

パナソニック・ホーム パナソニックLS創研 > 研修・教材 > 公開研修 > エネルギーマネジメントアドバイザー資格認定講座