技術紹介

樹脂成形技術

キーワードは「おそうじラクラク」。先進技術を駆使し、あらゆる水廻りの快適を実現します。
今や水廻り設備の新基準ともいえる「有機ガラス系新素材」をはじめ、 樹脂材料の製造から商品の一体成型加工までをトータルに行います。
長年蓄積してきた樹脂成形技術をさらに進化させることで、汚れにくく、 キズがつきにくい「おそうじラクラク」&「快適」な水廻り環境を創造していきます。

樹脂材料技術

浴室用床パンやキッチンシンク、洗面ボールなどに使用される樹脂材料を、機能やデザインといった商品ごとの特性に応じて生産。
何よりも防傷性や耐汚染性に優れた材料がさまざまな水廻り設備となって、「おそうじラクラク」を実現します。

成形技術

難易度が高いといわれる有機ガラス(アクリル)樹脂をはじめ、各種樹脂材料を成形しています。3000t 級の大型プレス機により浴室用床パンなどを成形。
また、インジェクション成形機を使用したアラウーノなどの一体成形も行っています。

注型技術

硬くてなめらかな肌触りと、水分をはじいて光るツヤ。有機ガラス系人造大理石の質感を独自の高精度な技術で実現した「スゴピカ素材」。「汚れにくくて、ずっとキレイ」な浴槽やキッチンシンク、洗面ボールなどに使われています。

詳しい商品情報は http://sumai.panasonic.jp/ をご覧ください。

木材加工技術

木を知り、木で創る。住まいと木の新たな可能性を、一貫した木材加工から創造します。
人の住まいにうるおいを与える木。限りある森林資源を有効に製品化し、より永く使っていただくことは、自然との共生でもあるのです。私たちは、より多くのお客様に安心して、愛着をもってお使いいただける商品をお届けすることに視点を据え、確かなモノづくりに取り組んでいます。

材料技術

木材加工は木を知り、生かして使うことからはじまります。たとえば、欠点を改良した木質材料の適材適所の利用や、物性・デザイン性を広げる数々の化粧仕上げなど、材料を知り尽くすことで様々な製品を生み出しています。

表面加工技術

業界初の技術で着色PETフィルムに2種類の木目柄印刷層を重ね、天然木に近い自然な風合いを実現。また、撥油性・耐汚染性に優れ、お手入れがとても簡単です。さまざまな表面加工技術を駆使して、木の特性を最大限に生かします。

組立加工技術

エコやコストの観点から、あらゆる分野で無駄が削減される時代です。パナソニック電工住宅設備は、組立て加工でもお客様のご要望に応じたムダのない生産体制を整備。邸別に商品を組み立てるきめ細かな対応を実現します。

詳しい商品情報は http://sumai.panasonic.jp/ をご覧ください。