採用情報

メイン画像メイン画像

横山 広大 2015年入社
IAQBU グローバル技術部 制御ソフト開発課

先輩社員突撃インタビュー

パナソニック初への挑戦が、
向上心に燃える技術者を成長させていく。

「3日後、中国に飛べるか?」

顔
<

入社4年目、制御ソフト開発の横山さんです。こんにちは。

こんにちは。

>
顔
顔
<

ソフトってゲームみたいなものですよね?

そうです。私の場合は換気扇を動かすものですけどね。

>
顔
顔
<

動かすって換気扇を回すんですか?

まあ、そうですね。最近はスマートフォンで遠隔操作できる商品もあるんですよ。

>
顔
顔
<

えっ!

浴室やキッチンなど複数の換気扇を連動させて制御するシステムです。いわゆるIoT商品ですね。主に海外で発売されています。

>
顔
顔
<

へええー!新しいですね!

たとえば、自宅の室内環境をモニタリングしながら、アプリを操作すれば外出先からでも動かせたりしますよ。

>
顔
顔
<

すごすぎる!

こういった高付加価値の商品が海外では需要が高いんですよ。

>
顔
顔
<

そうなんですね。

その分、ソフト開発は難易度が高く、大変ですが、やりがいは大きいと思います。

>
顔
顔
<

なるほど!

なので難しい開発にもどんどんチャレンジして自分の幅を広げたいですし、海外にもどんどん行ってみたいですね。

>
顔
画像
顔
<

海外にお仕事で行かれたことは?

ありますよ。中国の工場に2回。1回につき2週間くらいですね。

>
顔
顔
<

お一人で?

そうです。2回目なんかは「3日後だけど行けるか?」「行きます!」みたいな感じで。

>
顔
顔
<

急ですね!緊張しました?

新商品の量産が迫ったタイミングでのトラブル対応でしたからね。それはもう。

>
顔
顔
<

そうですよね、前の晩とか眠れないですよね。

もうぐっすりで。

>
顔
顔
<

えーっ(笑)

仕事は仕事と割り切って、それ以外の時間はルンルンで楽しんできましたよ。

>
顔
顔
<

そんなニコニコ顔で大丈夫ですか。炎上しているのに。

もちろん、向こうのオフィスに着いたら使命感に燃える顔つきになりましたよ。

>
顔
顔
<

そういうことにしておきましょう。

ホントですって!

>
顔
画像

グループの壁を越えてまったく新しい商品を

顔
<

夢はありますか?

みんなをあっと驚かせる商品をつくることですね。空飛ぶ空気清浄機とか。

>
顔
顔
<

先輩さすがです!

でも、自分ひとりにできることは限界があるじゃないですか。そこでグループを横断して協働する「Cross-Value Innovation」ですよ!

>
顔
顔
<

はい!

さっきのスマートフォンでの遠隔操作でも、他のグループ企業なら技術の蓄積とかあるわけです。

>
顔
顔
<

はい。アプライアンス社のテレビとか冷蔵庫とか、そういう機能を持つ商品もありますね。

せっかくグループ内に多彩な技術と多様な人材がいるんですから、うまく利用しない手はないです。実際につくったこともありますよ。入社1年目のときに。

>
顔
顔
<

えっ!

パナソニック初の「ナノイー発生装置付きシーリングライト」という商品を開発しました。エコソリューションズ社との協働でしたが、これがもう悔しくて。

>
顔
顔
<

何があったんですか?

やっぱり1年目ですからね。私はソフト開発の主担当でしたが、分からないことだらけなわけです。

>
顔
顔
<

はい。

それをいちいち上司に聞きにいくのが悔しかった。何も知らない自分が。

>
顔
顔
<

そういうものですか。

でも、あれから3年経ってだいぶ分かるようになりましたよ。はじめはファンを回してナノイーを出す機能に絞った商品でしたが、今は複雑な制御もできるようになりましたし。

>
顔
顔
<

スマートフォンを使ったものとか。

そういう仕事を任されるようになったってことが、自信につながりますね。

>
顔
顔
<

成長されたんですね!

ただ・・・。

>
顔
顔
<

ただ?

分かることが増えるってことは、覚えることが減るってことです。最近はモチベーションを高めるために「もっと高度な仕事を任せて欲しい」と上司に直訴しています。

>
顔
顔
<

へえー。燃えていますね。

「こんなものがつくれたらいいな」って思ったときに、つくれるような技術者になっていたいんですよ!1日も早く!

>
顔
顔
<

はい!

自分の技術をもっと高めたいんですよ!

>
顔
顔
<

分かりました!でも・・・。

>
顔
顔
<

文字数が制限オーバーしています。

ガーン!

>
顔
画像

「3日後、中国に飛べるか?」

顔

入社4年目、制御ソフト開発の横山さんです。こんにちは。

顔

こんにちは。

顔

ソフトってゲームみたいなものですよね?

顔

そうです。私の場合は換気扇を動かすものですけどね。

顔

動かすって換気扇を回すんですか?

顔

まあ、そうですね。最近はスマートフォンで遠隔操作できる商品もあるんですよ。

顔

えっ!

顔

浴室やキッチンなど複数の換気扇を連動させて制御するシステムです。いわゆるIoT商品ですね。主に海外で発売されています。

顔

へええー!新しいですね!

顔

たとえば、自宅の室内環境をモニタリングしながら、アプリを操作すれば外出先からでも動かせたりしますよ。

顔

すごすぎる!

顔

こういった高付加価値の商品が海外では需要が高いんですよ。

顔

そうなんですね。

顔

その分、ソフト開発は難易度が高く、大変ですが、やりがいは大きいと思います。

顔

なるほど!

顔

なので難しい開発にもどんどんチャレンジして自分の幅を広げたいですし、海外にもどんどん行ってみたいですね。

画像
顔

海外にお仕事で行かれたことは?

顔

ありますよ。中国の工場に2回。1回につき2週間くらいですね。

顔

お一人で?

顔

そうです。2回目なんかは「3日後だけど行けるか?」「行きます!」みたいな感じで。

顔

急ですね!緊張しました?

顔

新商品の量産が迫ったタイミングでのトラブル対応でしたからね。それはもう。

顔

そうですよね、前の晩とか眠れないですよね。

顔

もうぐっすりで。

顔

えーっ(笑)

顔

仕事は仕事と割り切って、それ以外の時間はルンルンで楽しんできましたよ。

顔

そんなニコニコ顔で大丈夫ですか。炎上しているのに。

顔

もちろん、向こうのオフィスに着いたら使命感に燃える顔つきになりましたよ。

顔

そういうことにしておきましょう。

顔

ホントですって!

画像

グループの壁を越えてまったく新しい商品を

顔

夢はありますか?

顔

みんなをあっと驚かせる商品をつくることですね。空飛ぶ空気清浄機とか。

顔

先輩さすがです!

顔

でも、自分ひとりにできることは限界があるじゃないですか。そこでグループを横断して協働する「Cross-Value Innovation」ですよ!

顔

はい!

顔

さっきのスマートフォンでの遠隔操作でも、他のグループ企業なら技術の蓄積とかあるわけです。

顔

はい。アプライアンス社のテレビとか冷蔵庫とか、そういう機能を持つ商品もありますね。

顔

せっかくグループ内に多彩な技術と多様な人材がいるんですから、うまく利用しない手はないです。実際につくったこともありますよ。入社1年目のときに。

顔

えっ!

顔

パナソニック初の「ナノイー発生装置付きシーリングライト」という商品を開発しました。エコソリューションズ社(現 ライフソリューションズ社)との協働でしたが、これがもう悔しくて。

顔

何があったんですか?

顔

やっぱり1年目ですからね。私はソフト開発の主担当でしたが、分からないことだらけなわけです。

顔

はい。

顔

それをいちいち上司に聞きにいくのが悔しかった。何も知らない自分が。

顔

そういうものですか。

顔

でも、あれから3年経ってだいぶ分かるようになりましたよ。はじめはファンを回してナノイーを出す機能に絞った商品でしたが、今は複雑な制御もできるようになりましたし。

顔

スマートフォンを使ったものとか。

顔

そういう仕事を任されるようになったってことが、自信につながりますね。

顔

成長されたんですね!

顔

ただ・・・。

顔

ただ?

顔

分かることが増えるってことは、覚えることが減るってことです。最近はモチベーションを高めるために「もっと高度な仕事を任せて欲しい」と上司に直訴しています。

顔

へえー。燃えていますね。

顔

「こんなものがつくれたらいいな」って思ったときに、つくれるような技術者になっていたいんですよ!1日も早く!

顔

はい!

顔

自分の技術をもっと高めたいんですよ!

顔

分かりました!でも・・・。

顔

顔

文字数が制限オーバーしています。

顔

ガーン!

画像

ページの先頭へ