健康経営の取り組み

人々のくらしを豊かにし、くらしの安心・安全を守るための当社環境事業を実現するためには、まず社員とその家族が健康であること、いきいきと働くことのできる職場づくりに取り組み、健康に配慮した経営を行うことが重要と考えます。ここに健康経営方針を制定し、健康経営宣言をいたします。

健康経営宣言

パナソニック エコシステムズ株式会社 代表取締役社長 小笠原 卓

パナソニック エコシステムズ株式会社は「空気・水の環境事業でくらしを支え、快適で永く健やかに過ごせる社会の実現」をミッションとしています。社員とその家族の健康保持・増進に取り組むとともに、当社の事業活動を通じて健康寿命の延伸等、社会に貢献していきます。

取締役社長 小笠原 卓

健康経営方針

パナソニック エコシステムズ株式会社は、以下の健康経営方針に基づき、社員の健康確保に努めます。

健康経営組織体制

健康経営組織体制

取り組み内容

1.社員と家族の健康増進

歯科セミナー

歯科セミナー

塩Joyメニュー

塩Joyメニュー

塩Joyメニュー提供

塩Joyメニュー提供

社内実施の健診受診率

2.長時間労働防止とワークライフバランスの推進

働き方セミナー 働き方セミナー

働き方セミナー

3.全員活動を通じた職場の活性化

ウォーク&クリーン ウォーク&クリーン

ウォーク&クリーン大会

芋ほり大会

レク行事(芋ほり)

4.メンタルヘルスケア向上

メンタルヘルスセミナー メンタルヘルスセミナー

メンタルヘルスセミナー

5.受動喫煙防止

受動喫煙セミナー

受動喫煙セミナー

屋外喫煙所整備

屋外喫煙所整備

喫煙率.