新築・リフォームするならかしこく使おう!次世代住宅ポイント制度。ご存知ですか?




20196月頃よりポイント発行申請スタート予定
  • ※ 請負金額1,000万円未満のリフォームについてはポイント発行申請が10月以降となります。
  • ※ 1申請あたりの合計ポイント数が20,000ポイント未満の場合は、発行申請不可。



次世代住宅ポイント制度 新築の次世代住宅ポイント制度

次世代住宅ポイント制度って、どんな制度なの!?


消費税率10%への引き上げ後の支援対策として、一定の性能を有する住宅の新築やリフォームに対して、 省エネ・環境配慮商品、防災、健康関連商品、家事負担軽減に資する商品、子育て関連、地域振興に資する商品などと交換できるポイントが発行される制度です。





対象となる工事


「環境」、「安全・安心」、「健康長寿・高齢者対応」、「子育て支援、働き方改革」に資する住宅の新築・リフォームが対象




  • ※ 「若者・子育て世代」45〜60万ポイント、「安心R住宅購入」45万ポイントの上限特例があります。
  • ※ この他、既存住宅の購入に伴うリフォームの場合はポイントを加算。
  • ※ 若者世帯:40歳未満の世帯、子育て世帯:18歳未満の子を有する世帯。

対象の工事と条件



\ 条件 /      
自ら居住することを目的とし発注(工事請負契約)するリフォーム
                                                   
条件1 2019年4月1日〜2020年3月31日に工事請負契約・着手したもの
   
条件2 2018年12月21日〜2019年3月31日までに工事請負契約し、着手が2019年10月1日〜2020年3月31日となるもの
   
条件3 2019年10月1日以降に引渡するもの


\ 対象の工事 /        
開口部の断熱改修 外壁、屋根、天井または床の断熱改修 バリアフリー改修
 
その他の対象(耐震改修、リフォーム瑕疵保険への加入、インスペクションの実施) 家事負担軽減に資する設備の設置
 
エコ住宅設備の設置 若者・子育て世帯による既存住宅の購入に伴う一定規模以上のリフォーム工事 など







対象の工事と条件



\ 条件 /            
注文住宅の新築
自ら居住することを目的とし発注(工事請負契約)する新築住宅
                                                   
条件1 2019年4月1日〜2020年3月31日に工事請負契約・着工したもの
   
条件2 2018年12月21日〜2019年3月31日までに工事請負契約し、着工が2019年10月1日〜2020年3月31日となるもの
   
条件3 2019年10月1日以降に引渡するもの
           
分譲住宅の新築
                                                   
条件1 2018年12月21日〜2020年3月に工事請負契約・着工し、かつ売買契約を締結したもの
2018年12月20日までに完成済みの新築住宅であって、
2018年12月21日〜2019年12月20日に売買契約を締結したもの
   
条件2 工事請負契約から2020年3月までに、建築着工するもの
   
条件3 2019年10月1日以降に引渡するもの



\ 対象の工事 /        
一定の性能を有する住宅
エコ住宅、長持ち住宅、耐震住宅、バリアフリー住宅
さらに性能の高い住宅を取得
認定長期優良住宅、ZEH など
 
耐震性のない住宅の建替
 
家事負担軽減に資する設備を設置
(設備の種類に応じて設定)
ビルトイン食器洗機、掃除しやすいレンジフード、掃除しやすいトイレ、宅配BOXなど




   
次世代住宅ポイント制度に関するお問い合わせ先
【国土交通省】次世代住宅ポイント事務局
0570-001-339 042-303-1553

受付時間9:00〜17:00(土・日・祝含む)
  • ※ 電話番号はお間違えのないようにお願いいたします。


パナソニックAWエンジニアリング次世代住宅ポイント相談室
  0120-878-581  

受付時間9:00〜17:30
(土・日・祝日・夏季休暇・年末年始を除く)
  • ※ パナソニックAWエンジニアリングの対象商品に関する問い合わせ窓口になります。
  • ※ 制度全般の関する問い合わせは、国土交通省 次世代住宅ポイト事務局まで。
  • ※ 電話番号はお間違えのないようにお願いいたします。


次世代住宅ポイント制度 新築の次世代住宅ポイント制度


補足リンク



ページの先頭へ