INTERVIEW LISTインタビュー

お客様に一生懸命向きあえる環境で、お客様の本音に耳を傾ける

ライフサポート事業部
デイサービス 生活相談員
2005年入社

  • ライフサポート事業部
  • デイサービス
  • 新卒入社

自分のやりたいことに集中してチャレンジできる環境があると思いました。

この仕事に興味を持ったきっかけは、高校3年生のときに行ったボランティア(デイサービスの職場体験)でした。もともと人と接する仕事がしたいと思っていましたが、デイサービスの仕事の奥深さにも惹かれ、「こんな仕事がしたい!」と直感。その後、大学でも福祉を学び、当時デイサービス事業を立ち上げて間もない当社に入社しました。数ある介護サービス事業者の中から当社を選んだのは、大きく安心できる企業母体だからこそ自分のやりたいことに集中してチャレンジできる環境があると思ったからです。

お客様、ケアマネジャーさんの声を聞き、お客様が望むサービスを実現。

2011年に第一子を、2013年に第二子を出産。産休育休を経て2014年春から復職し、現在は短時間勤務制度を活用し、デイサービスの生活相談員として働いています。生活相談員の役割は、お客様とケアマネジャーさん、そしてセンターのスタッフを繋ぐこと。毎日お客様やケアマネジャーさんと会話をしながらご要望などを確認し、お客様が望むサービスを実現できるようセンターのスタッフと調整していくという、非常にコミュニケーション力や調整力が求められる仕事です。

この仕事のやりがい

「あなたがいてくれてよかった」「あなたがいるから、ここのデイサービスにしたい」など、ケアマネジャーさんから名指しでお褒めの言葉をいただくときですね。毎日当デイセンターをご利用くださるお客様とはもちろん、介護サービス事業所を選定する立場であるケアマネジャーさんとの関係づくりも大切にしています。

この仕事のむずかしいところ

お客様のご要望を先回りして汲み取る役目だからこそ、ケアマネジャーさんからお客様の本音(本当は○○してほしかった…など)を聞くとショックですし、反省します。だからこそ、そういうことの無いよう普段からお客様には何でも話していただきやすい雰囲気と関係性をつくるよう心がけています。またお客様のちょっとした変化にも気づけるようアンテナを張っています。

この仕事の好きなところ

“がんばっていない人がいない”ところです。ここでは、所長をはじめスタッフ全員が、お客様に一生懸命向き合える環境を努力してつくっています。みんなお互いにがんばっていることを知っているからこそ更に相手を思いやり、助け合い、そして信頼関係も深いものとなっています。とても人間関係が良い職場だと感じます。

新人育成担当、研修講師など人に何かを教え、伝える仕事がしてみたい。

人に何かを教え、伝える仕事をしてみたいです。たとえば新人育成担当だったり、研修の講師だったり。自分の一言でその人の人生観に影響を与え、悩んでいることを解決するためのヒントを与えられるような人になりたいと思っています。

ある日のスケジュール

5:30 起床 家事と仕事を両立するため朝は早起きです!
8:15 出社  
9:00 お出迎え センターに到着したお客様をお出迎えします
10:30 電話連絡 ケアマネジャーさんにお客様の状態などを報告
12:00 お昼ごはん  
13:00 事業所訪問 ケアマネジャーさんがいらっしゃる事業所を訪問し、営業などを行います
14:30 事務作業 計画書の作成など
16:00 お見送り センターを出発されるお客様をお見送りします
16:30 退社 時短勤務なので16:30で退社しています
18:30 保育園に子どものお迎え  
19:30 子供と一緒にごはん  
23:30 就寝  

「お客様のためにどうしたらいいか」という話が、
自然と出てくるこの職場が大好き。

サービス提供責任者

これからの介護。これからの暮らし。パナソニックのエイジフリー