INTERVIEW LISTインタビュー

お客様にもご家族にも、「ここへ来てよかった」と思ってもらえることが一番うれしいです。

ライフサポート事業部
デイサービス 生活相談員
2011年入社

  • ライフサポート事業部
  • デイサービス
  • 新卒入社

お客様、ご家族、関わるすべての人を大切にする理念。自分が理想とする介護ができると思いました。

入社のきっかけは、大学で行われた企業説明会。お客様だけでなくご家族、かかわる全ての人を大切にするという理念を聞き、ここでなら自分が理想とする介護ができるのではないかと思えたからです。大学の実習で特別養護老人ホームにも行きましたが、そこではどうしてもご入居されておられる方を介護することだけに追われてしまいがち。レクリエーションなど何かひとつでも「たのしい」と感じてもらえる時間がとりづらいと感じていました。自分がかかわることで少しでもその方に喜びを与えられる、そんな介護をしたくてエイジフリーを選びました。

お客様の声にできる限り応えたい。相談を通してご要望が実現できるようにアクションします。

今はデイサービスの生活相談員として、お客様と拠点をつなぐ役目を任されています。お客様やご家族、ケアマネジャーと相談しながら「どんなサービスが必要なのか」を現場に持って帰り、計画をたてるのが私の仕事のひとつです。たとえば、「おむつ交換のタイミングを増やしてほしい」というご家族のニーズや、「ゆっくりお風呂に入りたい」といった、ふとした瞬間にお客様から出てくるニーズも逃さないよう心がけています。お客様のニーズとご家族のニーズ、これらを制度の範囲内で、できる限り叶えられるようにスタッフ間で話し合い調整しています。

この仕事のやりがい

私たちのサービスでお客様はもちろん、ご家族の力にもなれたと感じる瞬間です。家ではあまり笑わなかったけど、ここを利用してからはたくさん笑うようになった。良い意味で“疲れた”といって帰って行かれ、ここを利用した日はよく寝られる。そんなふうに、お客様にもご家族にも、「ここへ来てよかった」と思ってもらえることが一番うれしいです。

この仕事のむずかしいところ

生活相談員の仕事に就いてからもできるだけフロアに出てお客様とかかわる時間をもつようにはしていますが、直接かかわれる時間は減ったので淋しさを感じることも…。また、せっかくご要望を伺っても、すべてのご要望を実現できるわけではないので、つらいと感じることもあります。できる限りご要望が実現できるようにフロアスタッフの意見を聞き、自分には何ができるかを考えて取り組んでいます。

この仕事の好きなところ

お客様に対してだけでなく、スタッフ間にも思いやりがあるところです。たとえば私が体調を崩したときにも、すぐに気づいて仕事を代わってくれたり、心配して声をかけてくれたり。みんな一人ひとりのことをよく見て、よく考えてくれているなと感じます。

経験を積んで、お客様、ご家族、ケアマネージャーがもっと気軽に相談できる理想の生活相談員になる。

ご家族やケアマネジャー、そしてお客様からも気軽に話していただける生活相談員を目指しています。そのためには知識だけでなく、スタッフのみなさんに伝わるような話し方や、隠れたニーズも引き出す聞き方を学び、もっと色々な経験を積まなければと思っています。

ある日のスケジュール

8:10 出社  
8:30 送迎 2回お客様宅へお迎えに行きます
10:00 入浴介助 お客様と直接かかわれる大切な時間です
12:00 お昼休憩 お弁当を持参しています
13:00 書類作成 事務所でPCを使って計画書などの書類を作成します
サービス担当者会議や契約などで外出する日もあります
16:00 送迎 2回お客様宅へお送りに行きます
17:30 書類作成  
18:10 退社  
19:30    

「お客様のためにどうしたらいいか」という話が、
自然と出てくるこの職場が大好き。

サービス提供責任者

これからの介護。これからの暮らし。パナソニックのエイジフリー