INTERVIEW LISTインタビュー

小さな喜びがいくつもあることがこの仕事のやりがいのひとつ。

ライフサポート事業部
デイサービス 介護職
2014年入社

  • ライフサポート事業部
  • デイサービス
  • 新卒入社

「家族のような介護」を実現したいと思い、入社を決めました。

大学で社会福祉を学んでいたこともあり、ソーシャルワーカーになりたいと思っていました。でも育った地域に高齢者が多かったことや、同居していた祖父が倒れたことがきっかけで、自分にも何かできることがないかと思い、介護の分野にも興味を持ちました。たまたま参加したエイジフリーの説明会で、「家族のような介護」という言葉を聞き、そんな介護を実現したいという思いで、入社を決めました。

日常生活のお手伝い。できるところまで自分の力でやっていただくことを心がけています。

デイサービスの介護職として食事や入浴、排せつといった日常生活の介助を行なっています。ただ、すべてこちらがやってしまうのではなく、私たちはあくまでもお手伝い。あくまでも自分の力でできるところまでやっていただく、ということを心がけています。

この仕事のやりがい

自分自身の心がけと少しの工夫で、お客様が喜んでくださる。それがこの仕事のやりがいのひとつです。たとえば、ひざ掛けをかけたら「ありがとう」と言われた、顔を覗き込んでご挨拶したら笑顔で返してくださった…といった本当に小さなことですが、そんな喜びが毎日いくつもある仕事です。

この仕事のむずかしいところ

お客様それぞれ求めておられることが違い、日々変化していくため、正解はありません。正しいと思ってやったことが、必ずしも正解に繋がらないことはこの仕事のむずかしさでもあると思います。ただその対応はやっぱり先輩方は上手くされておられるので、いつもたくさん質問をして、早く追いつけるよう努力しています。

この仕事の好きなところ

メンバー全員でフォローし合う雰囲気が拠点全体にあることです。体調を崩して休んでしまうことがあっても、快く休みを替わってくださったり、心配して声をかけてくださったり。いま私がここで楽しく働けているのも、上司やスタッフみなさんのおかげだと思います。

「現場に近い」所長になり「自分の家族にも利用してもらいたい」と思われる拠点を作る。

所長になって、「自分の家族にも利用してもらいたい」と思えるような拠点をつくることです。今の清瀬・デイサービスの所長のように、「現場に近い」所長をめざしたいと思います。

ある日のスケジュール

5:00 起床 自宅が遠いのでいつもちょっと早起きです
7:30 出社  
8:00 1回目の送迎 お客様宅へお迎えに
9:00 2回目の送迎 お客様宅へお迎えに
10:00 お飲み物をご用意 お客様とコミュニケーションをとりながらお飲み物をご用意します
11:00 レクリエーション  
12:00 食事介助 お客様ご昼食
13:00 お昼ごはん  
14:00 レクリエーションのお手伝い  
15:00 おやつ・お飲み物をご用意  
16:00 送迎 お客様宅へお送り
17:00 事務仕事 資料作成など
17:15 退社  
19:00 この日は友人とごはんへ  
25:00 帰宅 次の日がお休みだったのでめいっぱい遊びました

「お客様のためにどうしたらいいか」という話が、
自然と出てくるこの職場が大好き。

サービス提供責任者

これからの介護。これからの暮らし。パナソニックのエイジフリー