INTERVIEW LISTインタビュー

最後まで元気に、その人らしく生きられるように、商品開発を通じて人の役に立ちたい

ケアサプライ事業部
商品開発職
2007年入社

  • ケアサプライ事業部
  • 商品開発職
  • 新卒入社

お客様、ご家族、関わるすべての人を大切にする理念。自分が理想とする介護ができると思いました。

大学時代は医療福祉ロボットに関する研究室に所属しており、ロボットを通じて社会貢献ができる企業を探していました。私が入社したのは松下電器産業(現 パナソニック株式会社)だったのですが、志望したきっかけは、自分が使っていたノートパソコンです。その当時、軽くて丈夫でバッテリーが長持ちし、なおかつCDドライブもついているなど、自分が望む条件を全て備えていたのはパナソニックのLet’s noteだけでした。欲しいものがそのままの形で存在する―つまり、この会社にはニーズを把握する力と、そのニーズを商品化できる技術力もある。ここなら「人の役に立つもの」を作り出すことができるんじゃないか、そう考え、志望しました。

入社以来、「移乗」を手助けするロボットの開発を行っています。

入社以来、「移乗」を手助けするロボットの開発に取り組んでいます。「移乗」とは、寝たきりの方をベッドから車いすへ移動させる動作で、介護スタッフの腰痛、ひいては離職の原因ともなっています。現在は、その負担を少しでも軽くし、安全性を高めるために、離床アシストロボット「リショーネPlus」の開発を行っています。机の前に座って設計するだけでなく、プロトタイプを現場に持っていってヒアリングをしたり、実際に使っていただくスタッフさんへ使い方のレクチャーをしたりしています。

この仕事のやりがい

ある介護施設で、チューブをつけているご利用者様がおられて、それまでは移乗の際にチューブが抜けてしまうことが怖く、なかなかベッドから移乗させられなかったそうです。でも、「リショーネ」を導入したことで、移乗の不安が減り、他の方と同じ場所で食事をしたり、気軽にレクリエーションに参加していただけるようになり、少しずつ元気になられているそうです。リショーネを利用いただくことによって、介護スタッフさんの負担が減るだけでなく、ご利用者様の生活の質が上がることも重要なので、そんなふうに効果があったというお話をうかがうと、本当にうれしいですね。

この仕事のむずかしいところ

通常、開発者はその商品のユーザーでもあるため、どこに不便を感じるか、どんな機能があったら便利か、と自分が使うことを想定しながら進めていくものですが、介護機器に対しては、自分は介護する側でも、される側でもない。そのためユーザーの立場に立ちにくいという難しさは感じています。ただ、パナソニック エイジフリーには介護施設や介護機器を販売・レンタルしている部門などがあるので、いろんな現場の生の声を聞くことができるのは、当社ならではのメリットですね。

この仕事の好きなところ

リショーネの開発はずっと少人数でやっているので、研究から開発、商品化してお客様のところにお届けするまで、全部一貫してできるのがこの部署ならではの良さだと思います。また他のプロジェクトの開発メンバーと年齢が近いので、相談がしやすく、皆で同じ方向を向いてがんばっている実感があります。

人の動きをアシストすることで、その人を元気にしていける仕組みを考えていきたい。

「移乗」についてはベッドから車いすだけでなく、車いすからトイレやお風呂などへと色々なパターンがあるので、そこでどのようにお役立ちができるか、まだまだ課題は尽きません。さらに、移乗や人の動きを単にアシストするだけではなく、アシストすることによって、その人がどんどん動きたくなる、外に出たくなるような、その人を元気にしていけるような機器を考えたいと思っています。それがどのようなものかはまだ見えていませんが、最後まで元気に、その人らしく生きられる時間をどれだけ長く保てるか、そんな手助けをしていける機器を作りたいですね。

ある日のスケジュール

8:00 出社  
8:30 朝会 その日の各自の仕事内容等をメンバーで共有します
9:00 メール確認 前日の帰社後のメールの確認とその対応を実施します
9:30 設計 開発している商品のアイディア出しや、3DCADを使って部品や図面の作成を行います
11:30 昼食  
12:30 設計レビュー 自分の進めている設計について他のチームの設計者に見てもらい、設計の問題点の指摘や新しいアイディア出し等を行います
14:30 設計 設計レビューでの指摘事項の対応やレビュー時に出た新しいアイディアの設計を進めます
16:00 打合せ チーム内にて、業務進捗の報告と情報共有を行います
17:30 実験/評価 製作して出来上がった部品を組んでの動作確認や、評価等を実施します
19:30 帰宅  

「お客様のためにどうしたらいいか」という話が、
自然と出てくるこの職場が大好き。

サービス提供責任者

これからの介護。これからの暮らし。パナソニックのエイジフリー