浴室ユニット・ホームサウナ

商品名 使用箇所(部品) 種類 含有率 製造時期 製造工場名 備考





タイル壁パネル
[使用商品名]
集合住宅用、
戸建住宅用全般【図1】
白石綿 約17% 1981年

1998年
外注工場 下地のフレキシブルボードに石綿を含有
ネオセオライト壁パネル
[使用商品名]
集合住宅用全般【図2】
白石綿 約18% 1986年

1987年
壁の基材に石綿含有フレキシブルボード使用
ネオセライト壁パネル
[使用商品名]
集合住宅用、
戸建住宅用全般【図3】
白石綿 約4.5% 1987年

2003年
ネオセライト壁パネル
[使用商品名]
戸建住宅用システムバス全般【図4】
白石綿 約15% 1984年

2003年
檜壁パネル
[使用商品名]
和風GW,DWシリーズ
LXシリーズ和風【図5】
白石綿 約15% 1990年

2000年
下地のフレキシブルボードに石綿を含有/td>
グランドグラニット壁パネル
[使用商品名]
LXシリーズ洋風【図6】
白石綿 約15% 1997年

2004年

|



内装パネル
[使用商品名]
ホームサウナ 実汗
リアルスウェット【図7】
白石綿 約17% 1985年

1995年
外注工場 内装の床、壁材に石綿含有珪酸カルシウム板使用














タイル壁パネル
[使用商品名]
集合住宅用、戸建住宅用全般【図8】
白石綿 約17% 1987年

1995年
外注工場
下地のフレキシブルボードに石綿を含有
パナセラム壁パネル
[使用商品名]
戸建住宅用全般【図9】
白石綿 約4.5% 1989年

1993年
壁の基材に石綿含有フレキシブルボード使用

パナセラム壁パネル
[使用商品名]
戸建住宅用全般【図10

白石綿 約15% 1989年

2001年
壁の基材に石綿含有フレキシブルボード使用

【図1】

【図2】

【図3】

【図4】

【図5】

【図6】

【図7】

【図8】

【図9】

【図10】

【アスベストによる被害を受ける可能性についてご注意】
アスベストはセメント等で固化させ板状にしていますので、通常使用ではアスベストの飛散はないと考えております。ただし、塗装が取れて基材が露出していたり、傷が付けば補修塗料で表面を補修することが必要です。

【製品の撤去・処理方法について】
石綿障害予防規則(石綿則)の規定に基づき、対応することが必要です。また、地域によって石綿則よりも詳細に規定されていることもありますので具体的な方法については、最寄の自治体などにお問い合わせください。

【問い合わせ先】
パナソニックお客様ご相談センター
フリーダイヤル:0120-878-709
(携帯電話・PHSからもご利用いただけます)

※IP電話など、フリーダイヤルに接続できない場合:06-6907-1187(有料)

ページの先頭へ