香りの器 高砂コレクション展

香りの器 高砂コレクション展

展覧会概要

古代オリエントの香油壺にはじまり、近代ヨーロッパの生活を華やかに彩った陶磁器やガラスで作られた様々な香水瓶など異国の香りの器。あるいは香道の道具類にみられる贅を極めた漆工芸品、また陶磁器、金工品による香炉や香合といった我が国の伝統的な香りの器。本展では、高砂香料工業株式会社が長年にわたり収集してきたこれらの香りにかかわる質の高いコレクションから、およそ240点を選りすぐり展観いたします。香りとその器の歴史は人類の誕生とともに始まったとも言われます。古今東西の香りに関する工芸作品を鑑賞することは、奥深い香りの歴史と文化に触れることに他なりません。加えて、東京会場である当館の展示では、国内の美術館からの特別追加作品を迎えて、香りを想起させる貴婦人の肖像画や、アール・デコ時代を象徴するような作品をご紹介します。香りの器が、同時代の絵画やデザインと深く関連付くものであることも実感いただけるでしょう。

本展ポスター、チラシ、各種チケットに以下の通り誤りがありました。ここに訂正しお詫び申し上げます。

作品キャプション
誤)ロイヤルクラウンダービー 色絵金彩唐草文透彫ポプリポット 19世紀初頭

正)ロイヤルウースター 色絵金彩透彫ポプリポット 19世紀

作品図版左上の英文制作年
誤)Early 19th century

正)19th century

展覧会会期
2021年1月9日(土) ~3月21日(日)
開館時間
午前10時より午後6時まで(ご入館は午後5時30分まで)
※2月5日(金)、3月5日(金)は夜間開館 午後8時まで(ご入館は午後7時30分)
休館日
水曜日
入館料
一般:1,000円、65歳以上:900円、大学生:700円、中・高校生:500円、小学生以下:無料 
※障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料でご入館いただけます。
ホームページ割引引き換え券はこちら
主催
パナソニック汐留美術館、東京新聞
後援
在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、港区教育委員会
特別協力
高砂香料工業株式会社
企画協力
岡村印刷工業株式会社、株式会社求龍堂、株式会社アートワン

展覧会のみどころ

1. 古代から20世紀まで、世界各地の香りの器のご紹介

紀元前10世紀キプロスの香油壺や紀元前6世紀のギリシアの香油瓶から、古代オリエントのガラス製容器、マイセン、セーブルなど欧州の名窯で焼かれた陶磁器製香水瓶やポプリポット、アール・ヌーヴォーおよびアール・デコ様式によるガレやドーム兄弟、ラリックなど有名デザイナー達の香水瓶など多様な香りの器を展示いたします。さらに、化粧道具セット や香水メーカーの華やかな広告ポスターもご紹介いたします

2. 香道具を中心に、日本の香りの文化を伝える、多様な作品群のご紹介

香席で用いられる伝統的な香道具、香木や香道伝書などの史料も展示いたします。また、明治期の薩摩焼や芝山細工、七宝の香炉から、古典研究のもとに独自の作風を発展させた近現代の工芸家の作品までをご紹介いたします。

3. 国内の美術館からの特別出品による絵画や家具が登場!

高砂コレクションに追加して国内の美術館より、香水瓶を携える貴婦人の肖像画や、マリー・ローランサンによる名画、アール・デコ時代の瀟洒な椅子や照明器具が東京会場のみ特別出品作品として追加されます。19世紀以降、香りとその器は一般の人々の装いや暮らしにも、ますます欠かせないものとなり、それぞれの時代の美意識を反映していることが、特別出品作品を通じてもご覧いただけることでしょう。

第1章 異国の香り

香りの歴史は、紀元前3000年頃の古代メソポタミアやエジプトにまで遡ることが出来、古くから宗教的な儀式の中で香油や乳香、没薬などが使われただけでなく、王や貴族などが 生活の中でも用いていたと考えられています。古代ギリシア・ローマ時代には香料や香油が 普及し、ギリシアでは陶器の、ローマではガラス製の香油壺や軟膏壺が数多く作られました。 特にローマン・ガラスは、技術革新によって容器のデザインが多様化しました。中世から近世にかけて、オリエント、イスラーム世界では蒸留技術の開発のおかげで多くの香水が作られ、ガラス容器に保存して利用され、西ヨーロッパでは、ポマンダーという容器に入れられた練り香が中心でした。

時は移り、17世紀に入ると、アルコールによる精油の抽出が行われるようになり、香水文化が一気に花開きます。18世紀には、王侯貴族が主導的役割を果たしつつも、庶民の間でも香水を楽しむ習慣が普及し、マイセンやウエッジウッドなどの陶磁器による優美な香水瓶が人気を博しました。

19世紀以降は、市民社会の成熟とともに香水文化は洗練の度合いを高め、香水瓶もボヘ ミアン・ガラスやアール・ヌーヴォー、アール・デコの作家たちによるガラス工芸の粋を集めた作品によって、華やかな世界を演出するようになります。20世紀には、香水メーカーが、売り出す香水にふさわしいデザインをラリックなどの作家に依頼するようになり、香水瓶の量産時代を迎えました。

なお、本章では、「特別出品作品」として、国内の美術館所蔵の絵画、家具、調度作品も展示いたします。これらの作品は19世紀後半から20世紀前半の制作になり、描かれているモチーフや造形のテーマに深い関連性が認められる香水瓶や化粧道具の近くに展示いたします。

赤絵式把手付香油瓶
前6世紀 ギリシア・アッティカ 高砂コレクション
マイセン 色絵香水瓶「子犬」
19世紀 高砂コレクション
ルネ・ラリック 香水瓶「ユーカリ」
1919年 高砂コレクション

第2章 日本の香り

日本の香りの歴史は、仏教が伝来した6世紀以降に始まったとされます。紀元前からの歴史を持つ古代オリエントや、その影響を受けたヨーロッパ諸国と比べ、日本の香りへの関心は決して早かったとはいえないながらも、日本の香り文化は瞬く間に開花し、他国にはない独自の展開を見せるようになります。

宗教儀式や宮中などで香りが用いられるようになると、やがてそれは儀式だけにとどまらず、上層階級を中心に日々の暮らしの中で使用されるようになりました。平安時代には、香りを聞いて競い合う「薫物たきものあわせ」など優雅な遊びへと発展し、さらに室町時代には、香りは「香道」という芸術へと高められます。それとともに、香を焚き、聞くための道具作りが盛んとなり、江戸時代の大名道具などの漆工品を中心に、香道具のための逸品が次々と製作され、日本の香り文化は絶頂期を迎えます。

そして、明治という新しい時代になると、日本の工芸品製作は、近世以前の職人たちによる分業制から、個人作家が美術作品を制作するという、新しい概念へと変化しました。香道具の製作も、近世のような豪華な逸品製作は激減した一方、一点ものの香炉や香合は、実用だけでなく、鑑賞品としても捉えられるようになり、大正期以降続々と登場した個人作家たちの格好の制作対象として、数多くの名品が制作されました。

鶴蒔絵香枕
江戸時代 18世紀 高砂コレクション
浜松塩屋蒔絵十種香箱
明治時代 20世紀 高砂コレクション
七宝花鳥文香炉
明治時代 高砂コレクション
このページの先頭へ