パナソニック汐留美術館について

概要

パナソニック汐留美術館は、2003年4月に現在のパナソニック東京汐留ビル4階に、社会貢献の一環として開館しました。当館は、フランスの画家ジョルジュ・ルオー(1871-1958)の初期から晩年までの絵画や代表的な版画作品など約240点をコレクションしており、これらを世界で唯一その名を冠した「ルオー・ギャラリー」で常設展示するほか、ルオーに関連する企画展を開催しています。また、パナソニックの社業と関わりの深い「建築・住まい」「工芸・デザイン」をテーマとした企画展を通じて、私たちの暮らしを豊かにする活動を続けています。当館は「東京・汐留」というロケーションを活かした都市型の美術館として文化的空間を創造し、芸術とのふれ合いを通して皆様に新しい価値観と感動をお届けしてまいります。

開館15周年特別展 ジョルジュ・ルオー 聖なる芸術とモデルニテ(2018年)

館内のご案内

[施設データ]…展示室面積:333㎡ / ミュージアムショップ:76.8㎡ / 天井高:3.7m

Aエントランス

B企画展示室

「ルオー」「建築・住まい」「工芸・デザイン」をテーマに企画展示を開催しています。

Cルオー・ギャラリー

当館所蔵の、日本でも有数のルオーコレクションの中から、テーマごとに作品を展示しています。開館中は、いつでもご鑑賞いただけます。

Dミュージアムショップ

オリジナルグッズ、展覧会図録をはじめ、各展覧会に合わせた関連書籍やグッズなどを販売しています。