Panasonic ideas for life

Japan

サイト内検索

パナソニック・ホーム ライフソリューションズ社 > パナソニック インパルス > ニュース > ニュース > 2018年度引退者からのご挨拶

2018年度引退者からのご挨拶

インパルスを応援し支えてくださっている皆様へ

2018年度シーズンをもってインパルスを引退するメンバーより、
これまで応援をしてきてくださった皆様へご挨拶を申し上げます。

 

◇LB #6 増谷 俊紀

2018年度シーズンをもちまして引退することとなりました。

インパルス在籍13年間、多くの方々から応援頂き支えて頂き、沢山の仲間と切磋琢磨でき、
私にとってかけがえのない時間を過ごさせて頂きました。心より感謝申し上げます。
これからは、一ファンとして、OBとして、
微力ながらインパルスにとって何か力になれることを模索していこうと考えております。

今後ますますのインパルスの発展と、インパルスを応援してくださる皆さまのご健勝を祈念致しまして、
私の引退挨拶に代えさせて頂きます。
本当にありがとうございました。


◇LB #10 高山 直也

インパルスに携って頂いている皆様、ファンの皆様の熱いご声援、
ご支援のお陰でフットボールに全身全霊打ち込めたことに心より感謝申し上げます。

日本一を皆で目指し続けることで得た「人としての成長」は、
何ものにも代え難い私の財産となりましたし、これからも精進し続けます。

インパルスは、更なる高みを目指し、成長への歩みを止めることはありません。
引き続きインパルスに熱いご声援・ご支援を何卒宜しくお願い申し上げます。


◇QB #18 大原 隆史

9年間インパルスでプレーをさせていただきました、大原です。

インパルスファミリーの皆様、そしてOBの皆様、いつも温かいご声援をありがとうございました。
この9年間、インパルスでたくさんの貴重な経験、勉強をさせて頂きました。
インパルスのこれからの発展と、共に戦ってきた仲間である現役選手の活躍を心より祈念しております。

GO GO IMPULSE!!


◇WR #80 柴田 尚彦

2018年度シーズンをもちまして引退することになりました。

インパルスでは9年間選手をさせていただきましたが、職場の皆様、家族、チーム関係者を含めた
多くの方からの熱いご支援がなければ、決してここまで続けることはできなかったと感じております。
チームとしても個人としてもなかなか結果が出ず、しんどい時期もありましたが、
その分、多くの学びや成長の機会も多く、大変貴重な経験でした。

この場をお借りして、ご支援ご声援頂いた全ての方へ、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。


◇TE #85 大塚 傑大

いつもインパルスに熱いご声援頂き、誠にありがとうございます。
2018年度シーズンをもって引退させて頂くことになりました。

入部して8年間、ファンの皆様、監督、コーチ、チームメイトと共に日本一を目指した経験は私の一生の宝です。
高校からフットボールを始めて15年間、悔しい思いをすることも多かったですが、そこから多くのことを学ぶことができました。
フットボールを通じて学んだことを今後の人生に生かしていければと思っております。

引続きインパルスに熱いご声援、ご支援宜しくお願いいたします。


◇OL #50 荒木 悠太

いつもインパルスへの熱いご声援ありがとうございます。
2018年シーズンを持ちまして引退することになりました。
私は、インパルスに入った当初から怪我を繰り返し、チームになかなか貢献できませんでしたが、
心が折れそうな時も、ファンの方々の応援やチームメイトの支えがあり、7年間頑張ってくることができました。

今までの15年間 毎日アメフト漬けの日々でしたので、
なかなかアメフトのない生活に慣れることはできないと思いますが、
インパルスで学んだこと、経験したことを活かして、第二の人生を過ごしたいと思います。
そして、これからはフィールドではなく、観客席からインパルスを盛り上げていきたいと思います。

今後ともインパルスにご声援を宜しくお願いいたします。
レッツゴー インパルス!


◇LB #57 鵜沼 康平

いつもインパルスに熱いご声援をいただきまして、ありがとうございます。
2018年度シーズンをもちまして引退することとなりました。

入社して7年、高校から含め14年間に渡りフットボールを続けてこられたのも、
家族、職場の皆様、チーム関係者の皆様など多くの方々の支えとともに
ファンの皆様のご声援があったからこそと思っております。

決して順風満帆な選手生活ではありませんでしたが、
インパルスファミリー一丸となり日本一を勝ち取る瞬間に貢献できたこと、
メンバー全員で日本一を目指し続けた「志と成長」は私の一生の財産です。
この場をお借りして、支えてくださった皆様に、心より感謝申し上げます。

最後になりますが、引き続きパナソニック インパルスへのご声援をよろしくお願いいたします。


◇DB #23 中村 正芳

いつも熱いご声援ありがとうございます。
インパルスで6年間、皆様と共にプレーさせて頂きましたが、2018年度シーズンをもちまして引退することになりました。

6年間、度重なるケガに悩まされることも多くありましたがインパルスに携る皆様から支えて頂き、
またファンの皆様の暖かいご声援や職場関係者の皆様のご理解があったからこそ、ここまで続けてこられたと思います。
これからは、一ファンとして、皆様と共にインパルスを応援し、「フットボール界」を陰ながら盛り上げたいと思っております。

引き続きインパルスに熱いご声援、ご支援を何卒宜しくお願い申し上げます。本当にありがとうございました。


◇TE #82 林 駿太

いつもインパルスに熱いご声援をいただき、ありがとうございます。
インパルスで6年間プレーをさせていただきましたが、
2018年度シーズンをもって、選手を引退させていただくことになりました。

現役生活の間は、皆様のご声援が後押しになり、我々選手やコーチ、スタッフに
活力を与えてくださっていたことを改めて実感しております。本当にありがとうございました。

今後は選手とは違う形になりますが、一ファンとしてインパルスを盛り上げていきたいと考えております。
引き続きインパルスへの熱いご声援を宜しくお願いいたします。


◇RB #39 荒木 勇人

いつもインパルスに熱いご声援を頂き、誠に有難う御座います。
温かい愛のある応援に、いつも感謝しております。

2018年度シーズンをもちまして、引退を決意致しました。
会場での大歓声は今でも忘れることができません。ファンの皆様には、“感謝”の一言でいっぱいです。
インパルスというチームでプレーできたことを、誇りに思います。
また、これまで私のフットボール人生に携わって頂いた家族・仲間・会社関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

今後もインパルスは、ファンの皆様と日本一を掴むべく、精進し続けます。
また会場に足をお運び頂き、これまで以上の熱いご声援お願いいたします。ありがとうございました。


◇OL #65 Edmond Davis

First I want to thank God. I’m thankful for the opportunity to play for IMPULSE and to be able to contribute to the growing X-League.
It’s been a great ride with many highs. One championship and four All X-League awards later I’m still here but not as a player anymore.
It’s a privilege and honor to be able to continue my career in Japan as a coach. I’m grateful to be able to coach for the same team I played for coaching the same guys I played beside.
I’m excited about the season and my ultimate goal is to help bring another championship home to IMPULSE.

訳:
まず、インパルスでプレーする機会を与えてくださったこと、
そしてXリーグの発展に貢献する機会を与えてくださったことに感謝いたします。
これまで、幾度も大きな壁にぶつかりながら乗り越え、そして、1回の優勝と4回のオールX受賞をすることができました。
そして今年、私は、選手とは違う立場でチームに携わることとなりました。
今年、こうして日本でコーチとしてフットボール人生を続けることができ、大変嬉しく光栄に思っています。
また、自身が所属し共に戦った選手がいるチームでコーチができることは、本当に幸せです。

今シーズン、インパルスが再び優勝することを目標に、頑張りたいと思います。



【2018年度引退コーチ・スタッフ】

■コーチ

■スタッフ

 

ページの先頭へ

パナソニック・ホーム ライフソリューションズ社 > パナソニック インパルス > ニュース > ニュース > 2018年度引退者からのご挨拶