ご挨拶

社長写真

政府の2050年カーボンニュートラル宣言を受けて国内では官民で様々な脱炭素社会実現への
取り組みが加速していますが、パナソニックグループは本年新たな経営環境コンセプトとして
Panasonic GREEN IMPACT(パナソニックグリーンインパクト)を発表いたしました。

①自社バリューチェーンによる排出削減インパクト
②既存事業による社会への排出削減インパクト
③新事業・新技術による社会への排出削減インパクト
④社会のエネルギー変革に対する波及インパクト

これら4つのインパクトを拡げていくことで、2050年には現在の全世界のCO2総排出量の「約1%(≒3億トン)」の削減インパクトを目指しています。そのなかで私たちパナソニックEWスマートエナジー株式会社は、エネルギー機器の販売だけではなく、脱炭素社会の実現に貢献する新たなエネルギーソリューション(インパクト)をパートナーの皆様と実現していくことにより、お客様に「より良いくらし」をお届けするとともに、このグループ目標達成の一翼を担って参ります。
新たなチャレンジに向けて、今後とも一層のご支援、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

Panasonic GREEN IMPACTロゴ
※ 「Panasonic GREEN IMPACT」
パナソニックグループは自社のCO2排出を減らし、くらしやビジネスにおけるCO2削減に貢献する様々な活動のインパクトを拡げることで、社会と共にカーボンニュートラルを目指します。
QRcode

パナソニックEWスマートエナジー株式会社
代表取締役社長

杉本 弥希
 
会社概要に戻る

ページの先頭へ