パナソニック・ホームパナソニックESテクノストラクチャー株式会社住宅実例集 & お客様の声お客様の声 > vol.6 家族の夢をたっぷり詰め込んだ、 明るい二世帯住宅。

vol.6 家族の夢をたっぷり詰め込んだ、 明るい二世帯住宅。

施主宅訪問記 vol.6

転勤を機に高まった、暮らし方に合った住まいへの思い。

縦窓が美しいモダンな外観。目隠しでもあるバルコニーの格子が、デザイン性を高めています。

縦窓が美しいモダンな外観。目隠しでもあるバルコニーの格子が、デザイン性を高めています。

 住宅街の中で目をひくモダンな外観。
今回お話を伺ったK様邸は、ご家族のこだわりがたくさん詰まった二世帯住宅です。

 K様ご夫婦は、もともと賃貸住宅にお住まいでした。その頃を振り返って「前の住まいでは、間取りに合わせて生活をしていました。好きなインテリアも、家に合わないから、とあきらめることが多かったです」と奥様。お子様が大きくなり、収納の少なさにも不満が出てきた頃、旦那様が転勤になったことがきっかけで、お母様と同居できる新しい家を建てることを決意されました。

インテリアカラーにこだわったモダンなLDK空間

エレベーターを挟んでリビングとダイニングキッチンがつながっています。

エレベーターを挟んでリビングとダイニングキッチンがつながっています。

 K様邸のLDKの特長のひとつは、内装色を変えることで、空間の雰囲気の違いを作り出している点です。
「ダイニングキッチンとリビングは、つながりながらも違う空間に」という奥様のご希望で、DKはホワイトを基調にした明るい空間に、リビングはダーク色の床でシックな空間に仕上がっています。また、リビングの床をダーク色にしたことでソファのホワイトが映え、モダンながらも、家族のだんらんスペースにふさわしい落ち着きのある空間に。
「新しい家では、家族で過ごす時間が増えました」とK様ご夫婦。快適なLDKに自然とご家族が集まるようです。

リビングからは広いバルコニーに出ることが出来ます。

リビングからは広いバルコニーに出ることが出来ます。

 K様ご家族のLDKに対するご希望は「できるだけ間仕切らないオープンな空間を」ということ。オープンキッチンを採用したDKは、目線を遮るもののないひろびろとした空間です。

「一日の中で一番長く過ごす場所なので、じっくり選びました。今はキッチンでコーヒーを入れて、好きな音楽を聴く時間が一番好き」と料理好きの奥様。ダイニングテーブル横にキッズコーナーを設けたので、キッチンに立っている間もお子様に目が届き安心です。
 
また「外ごはんが好き」というご夫婦の希望を叶えた、リビングから続く広いバルコニーは、折れ戸タイプの扉を全開にできます。リビングと一体の空間として使うことができるバルコニーでは、今までの家では難しかった、ご友人を招いてのパーティーも楽しめそうです。

ワンルームで住むことのできる快適なプライベート空間

お母様の居室には、専用のキッチンがあり、自室で食事をすることも可能です。

お母様の居室には、専用のキッチンがあり、自室で食事をすることも可能です。

 現在は2階にある共用のLDKで過ごされる時間が長いというお母様ですが「将来のことも考えて、ワンルームで暮らせるような部屋が欲しかった」と、1階の居室は寝室を兼ね備えたLDKのようなつくりになっています。こちらの部屋は家事効率にも配慮されており、キッチンから洗面、バスルームへの動線が短くなっています。また、寝室スペースと、共用廊下の両方から出入りできるトイレも便利そうでした。

 お母様の部屋の向かいの和室は、黒い壁紙で張り分けた床の間と、丸い和紙の照明が印象的です。「実はまだ床の間に何を飾るか決めていなくて。家自体は完成しましたが、住まいとしてはまだまだですね」と笑いながらK様ご夫婦。これから家族で家を作り上げていく、というのも楽しみなご様子です。

ホテルライクに仕上げたリラックス空間

ホワイトとダーク色のコントラストがホテルのような高級感を感じさせるサニタリー空間。バスルーム奥のドアからサービスバルコニーに出られます。

ホワイトとダーク色のコントラストがホテルのような高級感を感じさせるサニタリー空間。バスルーム奥のドアからサービスバルコニーに出られます。

 キッチン奥に位置する洗面とバスルームは「生活感が出ないように」と奥様がこだわった空間です。ホワイトとダーク色でまとめたサニタリーはホテルのような高級感があります。また、バスルームは「お風呂上りのリラックスタイムを楽しみたい」という旦那様のご希望で、奥のサービスバルコニーに出られるつくりに。毎日の疲れを癒すのにぴったりの空間です。

 「みんなが気持ちよく暮らせる家」という一番のご希望が叶い、ご家族全員が満足されているご様子でした。