ZEHがあたりまえの時代はもうすぐそこに!

ZEHとは・・・なに?
それは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスのことです。
使うエネルギー − つくるエネルギー ≦ 1年間の消費エネルギー0以下

1年間の消費エネルギーより、太陽光発電システムなどによって住宅でつくるエネルギーの方が多くなる(または差が0になる)住宅のことを、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)といいます。国は、2020年までに標準的な新築住宅でのゼロ・エネルギー化を目指しています。家と過ごす時間の長さを考えると、ZEHが“あたりまえ”の基準になるのはすぐそこ、と言えます。

ZEHは2020年には“あたりまえ”の住宅に。
ZEHの家なら、どれでも同じ!・・・ですか?
いいえ、ZEHならどれでも同じ、ではありません。

ZEHはエネルギーのことをしっかり考えた住まいです。でも、家を建てる時に考えるのはエネルギーのことだけではありません。家族が快適に、安全に安心して過ごすために必要な要素を、高いレベルで実現していくことが大切です。

“ZEHであること”以外の特長も、しっかりと検討が必要です。
テクノストラクチャーのZEHは・・・何が違うの?
長期優良性能をあわせもつZEHです。

テクノストラクチャーのZEHは、長期優良住宅仕様になっているのが大きな特長です。つまり、省エネ・創エネというZEHの特長に加えて、耐震性・耐久性・可変性など、家の構造として優れた特長をあわせもっているのです。

「断熱」は快適な暮らしも実現 ひとことで「消費エネルギー0」といっても、それを実現するためのアプローチ方法はさまざまです。テクノストラクチャーのZEHは、単に消費エネルギーを太陽光発電でまかなうだけでなく、断熱&省エネなど、家の性能を高めて消費エネルギー自体をへらすアプローチ。このアプローチにより、住む人にとって快適な暮らしも同時に実現します。
つまり、家としての高い基本性能をもつZEH、それがテクノストラクチャーのZEHです。
ゼロエネルギーのさらにその先には・・・ スマートウェルネス住宅の詳しい情報はこちら