これまでは、鉄筋コンクリート造や鉄骨造が主流だった大規模建築物。環境やコスト面への配慮から木造が注目されています。

パナソニックのテクノストラクチャー工法は、木と鉄の複合梁「テクノビーム」による高い強度で、従来の木造建築物の課題を克服し、鉄骨造に引けをとらない強度と機能性を実現しました。

コストや税金など木造の魅力も併せ持ち、大規模建築の新しい選択肢として、提案の幅を広げる工法です。

また、優れた機能性と木造のメリットで、鉄骨造からの切替を検討できる工法です。

テクノストラクチャーの設計対応力

最大スパン10メートルの大空間を実現

施設や店舗で必要な大空間。

従来の木造梁では、建物の重さを支えるため、柱で補強をする必要がありました。
テクノストラクチャーは、鉄骨造と同等の広さを柱なしで対応可能。

広い空間が必要になる施設の食堂や店舗の設計において、対応力を発揮します。


大規模建築物のために開発された「グランドテクノビーム」。床梁は最大8mスパン、小屋梁は最大10mスパンの大空間を実現可能です。

4メートル柱と梁貫通穴で
高い天井高さを実現

平屋の建物の場合、柱長さは最大4mまで可能。

また、梁に直径135mm(グランドテクノビームの場合は215mm)の穴をあけて配管を通すことが可能。配管を通すスペースを梁の下に別途設ける必要がなく、より高い天井高を実現できます。


構造計算で安全性の確認をした上で、梁貫通穴を開けるため、建物の強度も確保できます。

下がり天井になる場合も天井高の確保が可能に。

耐火建築物対応も可能

テクノストラクチャーは、テクノビームで構成される床・屋根について耐火性能を検証し、耐火構造の国土交通大臣認定を取得しているため耐火建築物の建設が可能。耐火建築物規制を受ける地域においても、高齢者施設や児童福祉施設などの大規模な特殊建築物に対応できます。


※床は1時間耐火、屋根は30分耐火の認定を取得。床と屋根以外の部位については告示、または一般財団法人日本木造住宅産業協会取得の耐火構造大臣認定仕様を併用します。

多様な開口を実現するMフレーム

耐力壁が必要な箇所に門型のフレームを配置することにより、耐震性を確保しながら、多様な開口が実現できます。

1階南面すべてにMフレームを千鳥配置して前面開口を実現した、ガレージハウスの事例。充実した部材で多様なプランが実現できます。

  • 1階南面すべてにMフレームを千鳥配置して前面開口を実現した、ガレージハウスの事例。充実した部材で多様なプランが実現できます。

安全性を高める段差のないバルコニー

「段差テクノビーム」を使用することにより、またぎをなくし、安全で段差のないバルコニーが実現できます。

保育園などで、施設利用者の安全性を高める配慮も可能に。

「段差テクノビーム」を使用することにより、またぎをなくし、安全で段差のないバルコニーが実現できます。

標準仕様

段差テクノビーム使用時 ※245又は295

保育園などで、施設利用者の安全性を高める配慮も可能に。

  • 標準仕様

  • 段差テクノビーム使用時 ※245又は295

輸送性と施工性の高さ

テクノストラクチャー工法は大スパンの梁材を、グランドテクノビームで構成します。

グランドテクノビームは、分割して納入、現場で接合することが可能。分割することで、2t・4t車でも搬入が可能になり、輸送性が向上します。

厳しい現場環境に対応できることで、提案の幅を広げることができます。


前面道路幅が3m未満で大型車が通りにくい環境下で、施設を建設した実績も。部材を分割して納入できることに加え、通し柱などの長い部材がないテクノストラクチャーの特長を生かしたプランをご提案できます。

梁と柱の接合方法も一定のため、施工性も高く、現場作業もスムーズに進められます。

建設コストが低減でき、節税効果にも期待

木造は一般的に、鉄骨造などより工期が短く、また、建物が軽いため、基礎にかかるコストを大幅に抑えることができます。

テクノストラクチャーは、木造を検討する際にネックとなる強度についても、鉄骨造にひけを取らない水準を実現。鉄骨造と同等の強さを持った建物を、木造レベルのコストで提案することが可能です。

また、木造のため減価償却期間が22年で設定されており、鉄骨造よりも12年も短いのも特長の1つ。

長期的な事業リスクを軽減でき、大きな節税効果をもたらす提案は、オーナー様にとって大きなメリットです。

コスト比較表

所得税軽減効果

オーナー様への メリット提案も

コスト比較表

所得税軽減効果

たわみ量比較

テクノビームの防錆処理

経年変化を抑え、メンテナンスコストを抑制

テクノビームは長期間経過しても、たわみがほとんど進行しません。

たわみをおさえることは、メンテナンス費用と手間の軽減につながります。

梁がたわむとドアの開閉がしにくくなるほか、建物のゆがみに発展し、床鳴りや隙間風を起こす原因にもなりえます。

構造体の精度が保たれるため、建物の価値を長く維持することができます。


たわみ量比較

テクノビームの芯材である軽量H形鋼には、溶融亜鉛めっき処理をほどこし、住宅性能表示制度における劣化対策等級3(最高等級)の基準をクリアしています。

テクノビームの防錆処理

柱なしの持ち出しで、建ぺい率を有利に

テクノビームの強度を生かし、片持ち梁で2階廊下を支えることが可能。柱なしで持ち出せることで、建ぺい率の計算上有利に。

オーナー様の土地を最大限に生かした提案ができます。

変形敷地も最大限に有効活用

斜めテクノビームと斜め接合金具を使用した「斜め壁」を用いることで、変形敷地への対応が可能。また、斜線制限による桁落ち屋根にも対応。

設計自由度の高さにより、土地を有効に活用したプランを提案することができます。


三角形の敷地を有効に活用して建てられたアパートの事例。規格寸法では建築しづらい変形敷地に木造のテクノストラクチャーの強みが生かされています。

パナソニックの工法は、建物の信頼性にも

テクノストラクチャーはパナソニック独自の工法。

メーカーとしての信頼性の高さは建物への信頼性にもつながり、オーナー様の資産活用や事業運営を建物への安心感という視点でサポートできます。

テクノストラクチャーの採用事例

テクノストラクチャーの大規模建築物について

テクノストラクチャー工法について

最新情報をメールでお届けします