Techno Full Solar

 

テクノフルソーラーのスタンダードプラン

太陽光で発電し、売電で家計にもやさしい、新しい住み方を実現するテクノフルソーラーのプランをご紹介します。

回遊できる家事動線で、効率的に家事ができる家
  • ■売電収入試算条件
  • ※1 太陽電池容量はJIS規格に基づいて算出された太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値です。
  • ※2 パナソニックによるシミュレーションです。シミュレーション条件/太陽光発電システムHIT245α Plus 屋根形状:真南2.5寸の傾斜屋根、建設地:大阪。日射量データは、NEDO[(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構]/(財)日本気象協会「日射関連データの作成調査」(1998年3月)の更新版として、NEDOより2012年3月30日に公開されたデータを使用しています。なお、このデータはNEDOの委託調査で日本気象協会が1981年から2009年の29年間の観測データをもとに作成したものです。 太陽電池容量は、JIS規格に基づいて算出された太陽電池モジュール出力の合計値です。実使用時の出力(発電電力)は日射の強さ、設置条件(方位・角度・周辺環境)、地域差、及び温度条件により異なります。発電電力は最大でも次の損失により、太陽電池容量の70%〜80%程度になります。 太陽電池損失/温度補正係数:4〜5月及び10〜11月:8.7%、6〜9月:11.6%、12〜3月:5.8% パワーコンディショナ(VBPC255A4)損失:4.5%その他損失(受光面の汚れ・配線・回路ロス):合計5% 影や積雪の影響は考慮しておりませんので、ご了承ください。年間推定発電量は、各システムの容量、地域別日照条件、システムの各損失を考慮して、パナソニック(株)発電シミュレーションにより算出された値であり、保証値ではありません。
  • ※3 売電収入とはあくまでも売電による収入であり、使用電気代を引いた光熱費収支を意味するものではありません。パワーコンディショナの交換などの費用は別途必要となります。設置条件によってはトランス等の費用がかかりますので、当社にご相談ください。売電金額は固定価格買取制度の余剰買取方式による売電単価21円/kWh(税抜)を使用。21年目以降の売電価格は未定です。北海道電力・東北電力・北陸電力・中国電力・四国電力・九州電力・沖縄電力の需給制御に係る区域において、2015年4月1日以降に接続契約申込が受領された発電設備は、出力制御対応機器の設置が義務付けられます。

ゆとりを生む太陽光発電システム

再生可能エネルギーの固定価格買取制度でかしこく売電、収入を。ローンの実質返済額を軽減します。

  • ※1 余剰買取方式の場合、個人の電気使用量によって売電できない場合があります。気象、立地、設備等の諸条件により、売電できない場合があります。制度が変更になった場合、売電を保証できない場合があります。売電収入とはあくまでも売電による収入であり、使用電気代を引いた光熱費収支を意味するものではありません。パワーコンディショナの交換等の費用は別途必要。設置条件によってはトランス等の費用がかかります。
  • ※2 10kW以上の搭載については、プラン、屋根形状、立地によって対応できない場合があります。
  • ※3 20年間とは太陽光発電の設備を保証するものではありません。21年目以降の売電価格は未定。
    ※地域によっては申請できない、または変更になる場合がありますので、必ずテクノストラクチャー採用ビルダーへご相談ください。
電気の買取制度の詳細
まとめ 20年間固定価格で売電が可能な10kW以上の太陽光発電システム搭載がおすすめ。もちろん、10kW搭載しなくても坪数やライフスタイルに合わせて自由に間取りも選べます。
実際にテクノフルソーラーの家に住んでいるお客さまの声をご覧ください。
お客様の声次は