テクノストラクチャーサイトへ

HOME

3つのおすすめプラン

長期優良住宅対応

長期優良住宅

2009年6月4日より、長期優良住宅の認定がスタートし、国をあげて寿命の長い住宅の普及・支援がはじまっています。
長期優良住宅は、これまでの主流だった「古くなったら建て替える」住まいのスタイルではなく、住宅の寿命を延ばすことで解体による環境負荷を減らし、 数十年経っても資産価値を高めていく住まいのこと。新築時の住宅性能強化や居住後に計画的な点検・補修が求められる半面、 減税額・期間の拡大や最大50年の長期ローンの整備などの優遇措置が導入されています。
テクノストラクチャーの住まいは、この長期優良住宅にも対応する高性能住宅。木と鉄の特性を活かした高耐久・耐震構造により、住み心地のよい住環境と資産価値を永く保ちます。

テクノストラクチャー長期優良住宅のイメージ

構造躯体の耐久性

変幻自在な住空間

高いメンテナンス性

優れた耐震性能

次世代省エネルギー基準対応の省エネ住宅

バリアフリー性、居住環境

構造躯体の耐久性

素材の性質を活かした耐久性の高い住宅構造

屋根や階上の床を支える梁(はり)材に、鉄と木の複合梁「テクノビーム」を採用。床梁のたわみ量を、木造住宅設計基準の約半分(1/600)以下に抑え、柱も強度品質の安定した集成材を用い、長年にわたって変形の少ない、快適な居住空間をお届けします。

変幻自在な住空間

暮らしの変化に合わせて間取り変更にも柔軟対応

テクノストラクチャー工法では、緻密な構造計算に裏付けられたフリーウォールシステムを導入。家族構成の変化に合わせた間取り変更に柔軟に対応することができます。

高いメンテナンス性

長期優良住宅に欠かせない

長期優良住宅に欠かせない定期的な点検・補修がしやすいようにトラップや点検口を設け、配管や配線のレイアウトにも工夫をこらしています。

優れた耐震性能

緻密な構造計算に基づく耐震構造で資産価値アップ

在来工法の木造住宅の2倍以上にあたる388項目(多雪区域の場合440項目)の構造計算に基づいて設計。耐震等級2※1以上の耐震性能にも対応しています。

※1
住宅の品質確保促進に関する法律に基づく耐震等級
※2
建築基準法レベル(壁量計算等のみ)
※3
「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(平成20年)」に準拠

地球と家計への思いやり

90年の一般的仕様に比べて年間約10,200円削減