設計ルールについて

テクノストラクチャーのモジュール(建築の基本単位)はいくつですか?

  • テクノストラクチャーはモジュールフリーの工法です。900mm以上1000mm以下の任意のモジュールで設計することができます。910モジュール、(いわゆる関東間)や京間、メーターモジュールなどにも対応可能です。お部屋部分は910モジュールで設計し、階段部分だけメーターモジュールで設計するお客様もいらっしゃいます。詳しくは採用ビルダーにご相談ください。

3階建てでも自由な間取りは可能ですか?3階建ての場合、軒高、階高は、どれくらいまで対応可能でしょうか

  • 3階建てでもご要望を反映した設計が可能です。ただし、建物の形状や壁の配置等によっては、より安全性を追求するために間取りが制限される場合もあります。
    3階建ての高さ設定は、建築基準法での木造建築物の基準である建築物最高高さ13m以下、建築物最高軒高さ9m以下の範囲で対応しています。テクノストラクチャーはテクノビーム(梁)による「横架材勝ち」の構成で、「通し柱」がないため、3階建ての場合は柱長さが最大2.94m、上下の横架材間距離(柱長さ)は各階でそれぞれ一種類です。

▲ページの先頭へ