PPS

PPS
  • 取扱説明書
  • リリースノート


ダウンロードはこちらから

製品概要

PPS(Power to Progress SDN)は、ネットワークの設定や運用の負担を軽減し、他社システムとの連携によりセキュアな運用を可能にするSDNアプリケーションです。
PPSの概要

特長

  • ネットワークのトポロジーを自動でマップ上に表示し、ネットワークの状態を視覚的に確認できます。
    SDN
  • マウス操作でネットワークの設定変更が簡単にできます。
  • 他社システムと連携し、より迅速なセキュリティ運用を可能にします。

PPSの機能詳細

※PPSの全機能をご使用いただくには、当社製スイッチングハブがオリジナルプロトコル(PPSP)に対応している必要があります。

オリジナルプロトコル(PPSP)対応製品

価格

品名 品番 仕様 標準価格(税抜)
PPS-AL20 PN10002 管理端末数〜20ノード(1年) 40,000円
PPS-AL50 PN10005 管理端末数〜50ノード(1年) 99,000円
PPS-AL100 PN10010 管理端末数〜100ノード(1年) 196,000円
PPS-AL200 PN10020 管理端末数〜200ノード(1年) 388,000円
PPS-AL300 PN10030 管理端末数〜300ノード(1年) 576,000円
PPS-AL500
【発売予定】
PN10050 管理端末数〜500ノード(1年) 950,000円
PPS-AL1000
【発売予定】
PN10100 管理端末数〜1000ノード(1年) 1,800,000円
PPS-AL2000
【発売予定】
PN10200 管理端末数〜2000ノード(1年) 3,200,000円
PPS-AL10-ADD-1M PN11001 管理端末数10ノード追加(1ヶ月) 2,000円

※管理端末:PPS対応の当社スイッチングハブ、及びIP端末(IPアドレスを持つ機器)です

動作環境

ビューア

動作OS
- Windows 7 Service Pack 1 (32bit/64bit)
- Windows 8.1 Service Pack 0 (32bit/64bit)
- Windows 10 Service Pack 0 (32bit/64bit)
- Windows Server 2008 R2 Service Pack 1
- Windows Server 2012 R2 Service Pack 0
- Windows Server 2016
必要スペック
CPU:1GHz以上(32/64bit)
メモリ:1GB以上空き
HDD:5GB以上の空き容量(.NET Framework再頒布可能パッケージ用の容量を含む)
画面解像度:XGA (1024x768) 以上
その他
Microsoft .NET Framework 4.5以上
イーサネット通信ポート
コンソールポート

コントローラ

動作OS
CentOS 7.5(64bit
必要スペック
CPU:1GHz以上(64bit)
メモリ:2GB以上空き
HDD:10GB以上の空き

推奨サーバ

製品 DELL R330 DELL T330
タイプ 1U タワー
CPU 下記の製品ファミリーのプロセッサー x 1
インテル® Xeon®プロセッサーE3-1200 v5製品ファミリー
インテルPentium®
インテルCore i3®
インテルCeleron®
下記の製品ファミリーのプロセッサー x 1
インテル® Xeon®プロセッサーE3-1200 v5製品ファミリー
インテルPentium®
インテルCore i3®
インテルCeleron®
チップセット インテルC236 インテルC236
メモリ アーキテクチャ: 2133 MT/s DDR4 DIMM(最大)
メモリの種類: UDIMM
メモリ・モジュール・ソケット: 4
RAM容量: 最大64 GB
アーキテクチャ: 2133 MT/s DDR4 DIMM(最大)
メモリの種類: UDIMM
メモリモジュールソケット: 4
RAM容量: 最大64 GB

PPSはパナソニックESネットワークスのSDNアプリケーションです

ページトップへ戻る