PoE(PoE Plus)給電機能

PoE給電機能とは

PoE(Power over Ethernet)給電機能 とは、イーサネットで使用するツイストペアケーブル(UTP)を利用して、 接続するPoE対応機器(無線アクセスポイント、ネットワークカメラ、IP電話等)に電力を供給できる技術です。PoE対応機器へのACアダプタや電源工事が不要になります。
現在、標準規格としてIEEE802.3afとIEEE802.3atの2つの規格があります。IEEE802.3atは、IEEE802.3af方式にも対応しています。

構成図

PoEの規格について

       
IEEE802.3at IEEE802.3af
概要 1ポート当たり最大30Wの電力をUTP経由で給電側機器に
供給できます。
PoE(Power over Ethernet) plusと呼ばれることもあります。
消費電力の高い高性能、高機能な無線アクセスポイント、
ネットワークカメラ等への接続が可能です。

IEEE802.3afのPoE給電機能と上位互換性がありますので、
IEEE802.3af対応の端末に対しても給電可能です。
※ IEEE802.3af(最大15.4W供給)方式にも対応
1ポート当たり最大15.4Wの電力をUTP経由で給電側機器に供給できます。
1ポート
当たりの
最大給電
電力
30W 15.4W
給電電圧 44-57V 50-57V
ケーブル CAT5e以上 CAT3以上
給電方式 Alternative A:1,2,3,6ピンに電源を重畳させる方式
Alternative B:4,5,7,8ピンに電源を重畳させる方式
その他 PoE未対応のイーサネット機器に障害を与えず通信できること

対応製品

IEEE802.3at(30W)・IEEE802.3af(15.4W)両方に対応

IEEE802.3afのみ対応(15.4W)

関連情報

関連機能

設定例

FAQ

その他

PoE(PoE Plus)給電機能。スイッチングハブを中心にネットワーク構築、セキュリティ、エコソリューションをトータルにご提供します。PoE給電機能付きスイッチングハブ(HUB)やセキュリティ商材、学校ICT構想向け等の製品情報をご覧いただけます。

ページトップへ戻る