パナソニック・ホーム パナソニック環境エンジニアリング株式会社 > 採用情報 > 人事担当者からのメッセージ

人事担当者からのメッセージ

当社のミッションと時代のニーズが一致している今。「地球環境との共存に貢献する仕事」の主人公になって下さい。取締役人事担当 牧敬二

当社はパナソニックグループの21世紀ビジョンの一つである「地球環境との共存」に貢献するための牽引役として大きなミッションを持っています。
企業の社会的責任と環境問題に対する意識の高まりとともに、当社が提供するソリューションも複合化・高度化の一途を辿っています。
これまでは、企業が法の規制を守るために環境問題対策としての関連設備を導入するという時代でしたが、いまやいかに環境問題に真剣に取組んでいるかが、企業イメージに大きく影響を及ぼす状況に変化してきています。
当社のミッションと時代のニーズが一致している今だからこそ、私たちにできることはたくさんあります。
最適環境の創造という事業活動を通じ、地球環境保全、浄化、修復に大きな役割を果たしていきたいと考えています。

求める人材像

広い視野を持つ。

環境エンジニアリング会社である当社の中心を担うのは、立派な社屋でも、工場設備でもありません。「人」そのものであり、社員ひとりひとりです。
ですから私たちの根底となる存在価値や仕事の意義、使命感といった部分を、人一倍感じ、持っていただきたいと思っています。また複数の技術を有するπ(パイ)型人間であってほしいとも思います。
これからは一つの技術にとらわれず複合ソリューションで広く環境保全に貢献していくことがさらに求められます。もちろん技術者として深い専門知識は必要ですが、それを踏まえたうえで、もっと広い視野で物事を見る目を持っていただきたいと思います。
そのためには、広く社会に貢献したいと思う気持ちと、常に技術を磨くということが必要です。社員の成長以上に会社が成長することはありません。
1人ひとりがパワーアップに努めるという姿こそが必要ではないでしょうか。そういう意味で社員ひとりひとりが宝なのです。

自らアイディアを出し、発信する。

人は、1人ひとりが、仕事の主人公だと考えています。「言われるからする」「させられる」という受身の仕事振りより、自ら進んでアイディアを出し、発言するという「有言実行」の気風に溢れる会社にしたいと考えています。そういうことが、明るい会社、やりがいのある職場に結びつき、そこから仕事への喜びも生まれてくるのではないでしょうか。
ひとりでは何もできません。しかし誰か1人がまず始めなければそれこそ何もできません。その誰か1人になりたいし、皆さんにもなってほしいと願っています。

パナソニック・ホーム パナソニック環境エンジニアリング株式会社 > 採用情報 > 人事担当者からのメッセージ