パナソニック・ホーム パナソニック環境エンジニアリング株式会社 > 採用情報 > 事業をささえる環境エンジニアたち

事業を支える環境エンジニアたち

設計

設計

経営戦略に
直結する仕事。

お客様の要望を受け、まず設計案を作成し、
それを元にしてお客様と相談を重ね、双方が満足のいくように設計と見積もりの修正をしていきます。提案した設計によって受注を難しくすることもあれば、将来のメンテナンスや次の工事に繋げられることもあり、担当者の力量がそのまま経営戦略に直結する、責任とやりがいのある仕事だと言えるでしょう。
設計職には、まだ何も出来ていない状態から起こり得る限りのあらゆる状況を予測したうえで最適なシステムを考案するだけの周到な思考能力が求められます。

施工

施工

現場を
総プロデュースする。

晴れて受注を勝ち取れたら、いよいよ施工の段階に入ります。現場で実際に作業を行うのは専門の職人さんですが、当社の施工職には全体の品質面、安全面、コスト面、スケジュール面などのトータルな管理が求められます。
また大きな現場では特に、多くの同業者・協力会社と共同作業をすることになり、お客様も含め多くの関係者との共同作業を総プロデュースしなければなりません。
施工職には、そうした人々と信頼関係を築くためのコミュニケーション能力、安全管理や工程管理を適切に行うためのマネジメント能力などが求められます。

管理

管理

工場設備の
頼れるドクター。

設備が完成し、工事が終わればそれで仕事は終了!というわけではありません。むしろお客様の工場は、完成した後からが仕事の本番。
生産が始まり、休むことなく毎日動き続けるのです。そんな不眠不休の工場設備を点検して回り、日々改善に励むと共に、万一急なトラブルが生じた際には迅速な対応を迫られます。
管理職には、トラブルを予見する感度や、いかなる状況においても冷静で的確な判断を下せる柔軟性が求められます。


先輩エンジニアたちのインタビュー

パナソニック・ホーム パナソニック環境エンジニアリング株式会社 > 採用情報 > 事業をささえる環境エンジニアたち