除湿乾燥機こだわりの技術

デシカント式

原理

デシカント式除湿乾燥機は、デシカント素子に水分を吸着させて除湿する方式で、ゼオライト(水を吸脱する乾燥剤)と、熱交換器、吸着した水分を放出させるためのヒーターで構成されています。

パナソニックのデシカント式は、シート積層熱交換器の工夫で効率と省エネ性を高めています。

室内の空気を除湿するしくみ

  1. 湿った室内の空気(@)がゼオライトを通ります。
  2. 水分がゼオライトに吸着され(A)、除湿されて乾燥した空気となり室内へ送られます。
  3. ゼオライトはゆっくりと回転しており、ヒーターの部分で熱により水分が放出され、高温高湿の空気(B)となって熱交換器へ。
  4. 高温高湿の空気が熱交換器では、温度の低い室内の空気で冷やされて結露します。(結露した水は水タンクにたまります。)
デシカント式除湿乾燥機の原理

デシカント式除湿乾燥機の原理

特徴

  1. 室内の温度が低温になっても除湿性能が大きく落ちることがなく、年間を通して高い除湿性能を発揮できます。
  2. コンプレッサー式、ハイブリッド式と比べて、冷凍サイクルがないため構造が簡単。軽量でコンパクト。