エコアイディア宣言の2014年活動内容

エコアイディア宣言から3年後の、それぞれの取組みと成果を掲載しています。

【1】製品によるCO2削減の取組み

ダントツGP(グリーンプロダクツ)製品を拡大し、製品使用時のCO2排出量を削減しています。

  • 2014年度:32機種完了(2014年11月07日現在)。年間37機種を計画
  • 2013年度:35機種完了
  • 2012年度:21機種完了
  • 2011年度: 8機種完了

加湿空気清浄機(F-VXJ70)

加湿空気清浄機(F-VXJ70)

加湿機

加湿機(FE-KFJ05)

熱交換気ユニット

熱交換気ユニット(FY-12VBD1A)

天井埋込形換気扇(FY-17JDK7)

天井埋込形換気扇(FY-17JDK7)

キャビネットファン(FY-20SCF3)

キャビネットファン(FY-20SCF3)

レンジフード(FY-90DWD3-S)

レンジフード(FY-90DWD3-S)

【2】環境エンジニアリング事業のグローバル展開

・太陽光発電事業:日本国内のメガソーラー設備工事を通じて再生可能エネルギー利用拡大に貢献

・薬液リサイクル事業:日本・台湾・マレーシアなどで工場排水からの有価物の回収・リサイクルにより環境負荷削減に貢献

【3】生産活動によるCO2削減の取組み

[3-1]ワンタッチ断熱材の開発

有限会社菅谷ラッキング工業様と共同で、頻繁に断熱材の着脱が必要な成形機用にワンタッチで取り付け可能な断熱材を開発。取付け作業時間を90%削減

ワンタッチ断熱材

ワンタッチ断熱材

ワンタッチ断熱材を発熱部に装着した状態

ワンタッチ断熱材を発熱部に装着した状態

成型機をサーモビューアーで見た画像

成型機をサーモビューアーで見た画像。断熱材部分は放熱が抑えられている。

[3-2]塗装乾燥工程の排気量最適化

乾燥に使用する都市ガス使用量を20%削減

[3-3]経営層を含めた全員参加の工場省エネ活動が認められ、省エネ大賞を受賞

一般財団法人省エネルギーセンターが主催し、経済産業省が後援する平成25年度「省エネ大賞」の結果が2014年1月22日(水)に発表され、パナソニック エコシステムズ 春日井工場が、省エネ事例部門で「省エネルギーセンター会長賞」を受賞しました。

省エネ大賞ロゴ「省エネ事例部門」

省エネ大賞「省エネ事例部門」

表彰式

表彰式

【4】資源循環の取組み

[4-1]材料の薄肉化設計

設計段階から材料の削減を検討

設計段階からの樹脂使用量削減

樹脂使用量を削減するために、流動解析を活用し、設計段階から樹脂の薄肉化を検討しています。

[4-2]再生材料の利用拡大

内装部品の色を黒に統一し、再生樹脂が使用できる部品を拡大。また再生樹脂の採用を海外生産拠点へも横展開しています。

上は従来のケーシング。下は再生樹脂が使用できるようにしたケーシング

上は従来のケーシング。下は再生樹脂が使用できるようにしたケーシング

[4-3]マテリアルフロー分析で材料ロスの見える化

できる限り効率的に部品を生産できるよう各種取り組みを実施

【5】地域と共生する取組み

[5-1]小学校工場見学を受入れ

2013年度4校、2014年度4校を受入れました。

工場見学する小学校の皆さん

工場見学する小学校の皆さん

2013年度より特別支援学校の受け入れを開始しました

2014年度より特別支援学校の受け入れを開始しました

[5-2]環境に関する出前授業

2011年より、小学校に対して環境に関する出前授業を実施。合計32校になりました。

出前授業で手を挙げる子供たち

出前授業で手を挙げる子供たち

出前授業で手を挙げる子供たち

[5-3]第9回環境絵画コンクール

第9回環境絵画コンクールの最優秀作品

最優秀作品

[5-4]春日井まつりのエコワールドに出展

春日井まつりのエコワールドコーナーに出展し、工作教室を実施。約2500名の方に参加いただきました。

エコワールド

エコワールド

当社ブース内でおこなった工作教室

当社ブース内でおこなった工作教室

[5-5]夏休み親子教室

環境教育と工作教室を行ないました。

環境を学ぶ参加者

環境を学ぶ参加者

完成したハイブリッドカーを持つ子どもたち

完成したハイブリッドカーを持つ子どもたち

[5-6]植樹活動

パナソニックエコソリューションズ社の植樹活動に当社社員も参加。植樹や下草刈りを行ないました。

植樹活動に参加した社員

植樹活動に参加した社員

植樹活動に参加した社員

植樹活動の様子

【6】成果

[6-1]製品によるCO2削減貢献量

ダントツGP(グリンプロダクツ)を拡大し、使用時のCO2排出量を削減しました。

ダントツGPにより削減されたCO2削減貢献量


2013年度は150万トンを達成しました。

商品におけるCO2削減貢献量

ダントツGP(グリーンプロダクツ)の推移


2014年度は37機種をダントツGP(グリーンプロダクツ)として開発を進めており、32機種の開発を完了。引き続き環境性能に優れた商品を開発します。

ダントツグリーンプロダクツの推移

[6-2]生産活動におけるCO2削減貢献量

生産工程の省エネなど各種取組みで、CO2排出量を削減しました。CO2削減貢献量は、2011年度1.2万トン、2012年度1.3万トン2013年1.3万トンを達成し、2014年も順調に推移しています。

生産におけるCO2削減貢献量の推移


基準年(2005年)の生産設備で、同じ量を生産した場合と比べての削減量。

生産におけるCO2削減貢献量

生産におけるCO2排出量の推移


生産に使用した電気、都市ガス等のエネルギーを、それぞれの排出係数でCO2排出量に換算した値。排出係数はパナソニックグループ統一。

生産におけるCO2排出量

[6-3]資源循環

リサイクル材などの利用により、再生資源利用率を高めます。2011年度14.9%、2012年度16.3%、2013年度18.5%を達成しました。

再生資源利用率


再生資源利用率