トップメッセージ

グローバルマインドを持った、チャレンジ精神旺盛な人材を求めています。

社長メッセージ

パナソニックエコシステムズ株式会社は、パナソニックグループの中でも「空気・水・土壌・エネルギーに関する環境事業」を担当しています。とりわけ、100年にわたって培ってきた「換気」「送風」の技術をもとに、世界中の人々が快適に暮らせるIAQ(Indoor Air Quality=室内空気質)の向上を目指します。そのために、換気扇や空気清浄機をはじめとする商品を、日本はもとより世界各国に提供することで、その地域特有のお困りごとを解決し、世界中の人々に貢献したいと考えています。

特に、事業の中心にある「空気」はボーダレスなものです。中国のPM2.5問題をはじめ、IAQへの関心は世界的な広がりを見せています。グローバルマーケットから当社の環境技術へのニーズが高まることは間違いありません。現にすべての売上のうち50%以上を海外マーケットでの売り上げが占めており、海外展開が加速中です。さまざまな追い風を受け、今後、縮小を見込んでいる事業もありません。将来、世界を舞台に伸び伸びと活躍したい。そんな人にはピッタリの会社だと思います。

パナソニックには、創業以来、「モノをつくる前に、人をつくる」という経営理念があります。私たちは今、国内外を問わずグローバルな視点で仕事ができる人材を必要としています。グローバルな事業成長のためには、社員一人ひとりのグローバルマインドが欠かせません。私は社員からの良い提案は、必ず受けるようにしています。受身ではない提案型の仕事に取り組むことができるチャレンジ精神旺盛な方と一緒に、グローバルIAQのトップ企業として成長し続けていきたい。新入社員をはじめとする若手社員の皆さんには、環境技術でグローバルに活躍できる人材になっていただきたいと思います。

そのために、当社は各ステージ毎に皆さんが成長できる研修体系を用意しています。加えて、OJTにおいても上司と納得いくまで話し合い、自分の「ありたい姿」を明確にしていく育成システムが確立されています。若手社員の皆さんには、当社育成の「場」を大いに活用していただき、世界に通用する社会人に成長していただくことを期待しています。

小笠原卓 社長

ページの先頭へ