事業フィールド

環境技術を磨き、グローバルに貢献

【事業内容】4つの領域を通じて、環境システム事業を展開。

パナソニック エコシステムズは、事業を通じて「人と地球に優しい環境」の実現をめざしています。具体的には、空気清浄機や除湿機など健康・快適な室内空気質を実現する「IAQ(Indoor Air Quality)分野」と、水・空気・土の浄化とエネルギー関連で環境負荷を低減する「環境エンジニアリング分野」で、機器・システムの開発、製造・販売およびサービスエンジニアリングまでの一貫したソリューションをグローバルに展開しています。

室内空気質(IAQ)関連事業 空質家電 換気家電 デバイス 環境エンジニアリング関連事業

室内空気質(IAQ)関連事業

空質家電

主に住宅の空気質を追求し、3次元CADや光造形システムなど最先端の技術により、家庭用の空気清浄機、ナノイー発生機、加湿機、除湿機、扇風機、シーリングファン、ふとん乾燥機、食器乾燥機など、暮らしに身近なPanasonicブランドの家電製品を提供しています。国内ではすでに高いシェアを獲得しており、近年は海外展開も積極的に推進しています。 

換気設備

グローバルNo.1のシェアを誇る家庭用・業務用の換気扇や、換気システム、ミスト機能付バス換気乾燥機、送風機などの換気送風機器を提供しています。建築基準法の改正に伴う換気扇設置の義務化やシックハウス対策など、居住空間の快適性へのニーズの高まりを追い風に、経営の基盤を支える事業として今後もさらなるシェア拡大をめざしています。

デバイス

ファンモーター、熱交換素子、フィルター等のデバイスや、機器組込用ユニットを提供しています。たとえば携帯電話基地局用冷却ユニットは、国内外で高い評価を受けており、海外携帯電話キャリアの基地局にも採用されています。

環境エンジニアリング関連事業

空気・水・土壌の浄化技術を活用し、道路トンネル集じんシステム、排水処理システム、クリーンエアーシステム、工場空調システム、環境建築など、空気、水、土壌の浄化事業を推進しています。ベトナム・スペインでも採用された道路トンネル用送風・集塵機器など、当社のシステムは海外でも高い評価を受けており、今後もグローバルに展開を加速させていきます。
※プラント・環境設備の設計・施工管理、ソーラー発電所の建設などのエンジニアリング関連職種については、関連会社の「パナソニック環境エンジニアリング株式会社」で募集しています。

「プロジェクトストーリー」(最新トピックス)はこちらから

【海外展開】日本で磨いた環境技術を、世界へ。

パナソニック エコシステムズは、海外にも積極的に事業を展開しています。換気扇、扇風機を主体として、世界50数カ国で商品を販売。また、社会インフラ関連の海外展開も積極的に推進しており、トンネル事業、携帯電話基地局、冷却事業等を手がけています。

海外展開事業

「海外展開事例」(最新トピックス)はこちらから

【コアテクノロジー】事業を支える10の技術「VIT(Visionary Innovative Technology)10」

「環境技術立社」をめざすパナソニック エコシステムズの事業を支えているのが「VIT(Visionary Innovative Technology)10」と呼ばれるコア技術。これまで事業の土台を支えてきた換気扇等の開発で培った、ファン・モータ・パワーエレクトロニクス・センシング&コントロール(制御)技術に加え、空気・水・土壌の環境浄化事業を展開する中で研究・開発された、空清・調湿・熱交・HP(ヒートポンプ)の各技術、さらにはバイオ・触媒を加えた10の環境技術をさらに高度化・複合化させることで、環境技術の向上をめざしています。

コアテクノロジー 環境技術立社

「注目の技術」(最新トピックス)はこちらから

ページの先頭へ