高い合格率の第二種電気工事士対策講座のご紹介

大きく変わった第二種電気工事士試験その対策で大丈夫ですか?創研なら最新の試験傾向に完全対応!パナソニックES創研だからやっぱり安心!

最新の試験傾向を踏まえた対策で合格に導きます!!出題傾向を理解し、創研の対策講座で徹底的に習得いただきます! 【筆記】近年、単線図を複線図に書き直さないと解けない問題が増加!配線図・電気理論対策講座【技能】2017年度より判定基準が厳格化!公表問題の出題傾向が変化!13問を完全マスター!初心者でも徹底的に指導

なぜ、創研は大丈夫ですか?創研の「第二種電気工事士」試験対策講座の特徴 高合格率の試験対策講座【第二種電気工事士筆記試験合格率】84%(全国平均合格率65%)【第二種電気工事士技能試験合格率】91%(全国平均合格率74%)2016年 上期実績 試験日程に合わせた講座スケジュール!充実の12講座開講 自分のペースで学ぶことができる自宅学習型教材もご用意。筆記試験対策DVD講座・技能試験対策部材キット(DVD付) 最新の試験傾向を踏まえベテラン講師陣が徹底的に指導 快適さが魅力の2つの研修施設集中して学べる環境をご用意

第二電気工事士のよくあるお問い合わせはこちら



第二種電気工事士筆記試験対策おすすめ講座一覧へ


第二種電気工事士技能試験対策おすすめ講座一覧へ





創研の筆記試験対策ポイント

多くの方が苦手とする電気理論を学び、電気の基本知識を習得。
年々難易度がUPしている配線図問題。複線図の基本から作成方法、最近の出題傾向を理解し、複線図の問題をしっかり学習していただきます。

【対策ポイント①】電気理論をみっちり学ぶ【対策ポイント②】配線図をしっかり学習

第二種電気工事士 筆記試験科目筆記【一般問題】50問(6問:1.電気に関する基礎理論、24問:2.配線理論及び配線設計3.電気機器・器具及び材料・工具4.施工方法5.一般電気工作物の検査7.一般電気工作物の保安に関する法令、20問:6.配線図)単線図を複線図に書き直さないと解けない問題が増加傾向。H24年度20問中2問だったのが、H28年度下期には、20問中6問に増加



高い合格率84%第二種電気工事士筆記試験対策講座一覧へ





創研の第二種電気工事士技能試験対策ポイント

【対策ポイント①】正しい作業を理解し正確に速く作品を作り上げる

【注意点】今年度(2017年度)より判定基準が厳しくなります!昨年度までは重大欠陥と軽欠陥の2種類があり、軽欠陥は2つまで合格でしたが、今年度より軽欠陥がなくなりました。つまり、これまで軽欠陥で済んだものが、今年度は重大欠陥とみなされ、不合格となります。[新合格基準は、欠陥 1つ以上NG]従来の軽微な欠陥事項も不合格!! 【欠陥例1】ケーブルのシースのむき過ぎ。絶縁電線が台座から見えているのは欠陥 【欠陥例2】配線器具のねじ部の巻きつけ方が不適切なら全て全て欠陥 【欠陥例3】リングスリーブの心線端末未処理


こんな欠陥は不合格!欠陥例を動画でわかりやすく解説しています。



【対策ポイント②】公表問題13問を完全マスター

【注意点2】同一日で会場ごとに試験問題が異なる。2017年度は、全ての問題が出題される可能性がある。ネットなどの情報などで、出題される問題にヤマを張ったり、問題を絞って練習される受験生もおられると聞いております。 公表された13問題を全て、正しい作業を理解し、正確に速く作品を作り上げる練習が不可欠です。【重要!】2017年度第二種電気工事士 技能試験対策は、公表問題13問全て欠陥なしで時間内で作り上げる練習。作った作品を試験に詳しい第3者にチェックしてもらうことが大切です。



高い合格率91%実績の技能試験対策講座一覧へ






あなたにぴったりなおすすめ第二種電気工事士対策講座は?

平日に時間を決めて学習したい!試験直前にもう一度きっちり復習したい!など、
創研の10講座の中からあなたにぴったりの第二種電気工事士対策講座をみつけてください。
【受験申請期間にご注意ください!】
上期:2017年3月15日〜4月5日・ 下期:2017年6月15日〜6月28日



第二電気工事士のよくあるお問い合わせはこちら 

  • 第二種電気工事士技能試験対策講座のご案内
  • 第二種電気工事士筆記試験対策講座のご案内