製品情報

アモルファスシリコン太陽電池 アモルファス光センサ Amrton

アモルファスシリコン太陽電池とは

太陽電池には、結晶シリコンやアモルファスシリコン、化合物半導体などの種類があります。アモルファスとは「無秩序(ランダム)な状態」のことで、結晶(図2)のように規則正しい配列を持たないもの(図1)です。アモルファスシリコン太陽電池は結晶シリコン系太陽電池に比べて光をより多く吸収できるため、薄膜化が可能であり1μm(1oの1000分の1)以下の薄膜で発電することができます。

当社が世界に先駆けて開発した集積型(直列接続構造)アモルファスシリコン太陽電池『アモルトン』は、材料ガスを分解し、ガラスなどの基板上に成膜します。
例えば、ガラスを基板にした製造プロセスでは、透明電極を形成後、その上にプラズマ化学気相堆積法でp型アモルファスシリコン層、i型アモルファスシリコン層、n型アモルファスシリコン層の順に積層、次にn型層側に金属膜の電極を形成、最後に保護膜を被せ、太陽電池を作製します。一枚の基板上で複数個の太陽電池に分割、それらを直列接続することにより、用途に応じた任意の電圧を得ることができます。
金属やプラスチックを基板として用いることによって、薄くて割れないフレキシブルな太陽電池も可能となります。

アモルファスと結晶の図

アモルトンの特長

機器の駆動に適した電圧に容易に対応

結晶シリコン系太陽電池のように複数個の太陽電池セルを銅線で各々つなぐ作り方とは異なり、太陽電池セルの形成時に複数個のセルを直列に接続する集積型構造です。そのため機器の駆動に適した電圧の製品を作ることができます。

様々な形状・形態

代表的なガラス以外にもステンレスやプラスチックフィルムを基板として、割れない、曲げられる、軽い太陽電池を作ることもできます。四角形に限らず、円形や曲線を含む複雑な形状も可能です。更にガラス基板を用いたものでは、製品の一部を透明にすることで開口部として様々な用途に用いることができます。

可視光領域で高感度

人の眼で感じることのできる波長は、約400〜700nmの光です。アモルファスシリコン太陽電池は、ほぼこの波長の光に感度を持っているため、太陽電池だけではなく、可視光センサとしても使用可能です。

アモルトンの特長 結晶シリコン系太陽電池とアモルファスシリコン太陽電池の図
アモルトンの特長を比較した表

商品ラインアップ

ガラス基板汎用品
【屋内照度仕様】
ガラス基板汎用品 屋内照度仕様の一覧表
【屋外照度仕様】
ガラス基板汎用品 屋外照度仕様の一覧表
フィルム基板汎用品
【屋外照度仕様】
フィルム基板汎用品 屋内照度仕様の一覧表
腕時計用基板汎用品
腕時計用基板汎用品の一覧表
光センサ汎用品
光センサ汎用品の一覧表