パナソニック・ホームパナソニック アーキスケルトンデザイン株式会社 > 理想の住宅選び5つのポイント > 収納

スキップフロアのメリットは収納スペースを増やせること

家づくりを考えている人の多くが、最も頭を悩ませるものの一つ「収納」。収納スペースはできるだけたくさんほしい、でもそのせいでリビングが狭くなるのもちょっと・・・など、限られた面積の中で十分な収納スペースを確保するのは、なかなか困難です。

そこで最近注目されているのが「スキップフロア」。
縦の空間を有効利用して、収納スペースを生み出そうというものです。少し詳しくご説明しましょう。

スキップフロアとは

スキップフロアとは

どこに物をしまいますか?

どこに物をしまいますか?

これまで大容量の収納空間と言えば、地下室や小屋裏などが一般的でした。しかし、どちらも階段や梯子などを使って上り下りしなくてはならず、それが負担となって物をしまい込んだまま、特に奥の方の荷物は取れない状態になっている、というお宅は結構多いのではないでしょうか。

スキップフロアは、1階から2階までの間に少しずつ段差を設け、その段差を利用して収納空間にするため、階段を数段上り下りするだけで物を出し入れすることができるのが、大きな特長です。<入れやすく、取り出しやすい>は、収納上手な家をつくるための鉄則。季節もののお雛様や鯉のぼりも、毎年飾ってあげることができますね。

どこにものをしまいますか?

スキップフロアのメリット

スキップフロアのメリット

中2階などに天井の低いスペースを設け、収納の確保と広い部屋の実現を可能にします。居住スペースを狭めることなく、様々なものを収める収納スペースを増やすことができます。

スキップフロアのメリット

※なお、収納スペースは、天井高等の条件により、階数や床面積に算入されず固定資産税の対象にもなりませんが、自治体により算入される場合もあります。

スキップフロアのメリット

スキップフロアのプラン例

スキップフロアのプラン例

下収納、中収納、上収納のあるスキップフロア構造

一見、2階建てのようで、実質5つのフロア空間を持つ収納豊富なプランです。
階の上下に生まれるデッドスペースをフル活用した大収納の家です。

スキップフロアの構造の図
  • ※テクノストラクチャー自体は3層構造です。
  • ※各行政庁の条件により階数の扱いが異なりますので、事前にご確認ください。
  • ※納戸部分を床面積に算入しないためには、少なくとも納戸の大きさを下階の床面積の1/2未満かつ天井高1.4m以下にする必要があります。
  • ※4層スキップフロアの耐震等級は1が目安となります。
  • ※このプランは積雪50cmまでの対応です。

土間から直接入れる下収納。家中の収蔵品が片付く4つの「中収納」つきのフロアーです。

水まわり上を利用した「上収納」つきの洋室。スキップフロアを利用したリビングの吹き抜け。

下収納は土間からはもちろん玄関ホールや洗面脱衣室からもアクセスできます。

中収納は棚付きだからいつでも取り出せるように整理して収納することができます。光がたっぷりと入る明るいリビング。

庭から入れる下収納は土間付きなので、屋外で使用するガーデニング用品や自転車なども収納できます。

テクノストラクチャーだから安心

テクノストラクチャーだから安心

とても便利で、これからの住まい方にぴったりなスキップフロア。でも、たくさんの物を収納するだけに、万が一にも床が抜けたりするようなことがあってはなりません。また、複雑な構造になることで、地震や台風などに対抗する力が落ちるようでは本末転倒です。

テクノストラクチャーの家のスキップフロアは、この複雑なスキップフロアについても、精密な構造計算をしています。すべての数値を入力して災害シミュレーションを繰り返し、合格したプランしか提案していませんので、万が一の災害時にも心強いです。

デザインと使い勝手にこだわりながらも、「安心・安全」について絶対に妥協しないのが、テクノストラクチャーの家の信条です。

テクノストラクチャーだから安心