いざその時、住まいに「貸せる」という安心を。

マイホームの賃貸「かせるストック」の活用

かせるストックとは?マイホームに、「貸せる」安心を。いざその時に家賃収入を生み出し人生の保険にすることができる…それが「かせるストック」。
マイホームを貸すしくみ

まずは、マイホーム借り上げ制度を知っておこう!

JTIの「マイホーム借り上げ制度」とは、
マイホームを借り上げ、安定した賃料収入を
保証してくれる制度です。

移住・住みかえ支援機構(JTI)の「マイホーム借り上げ制度」とは、50歳以上のシニアの方のマイホームを対象とし、最長で終身にわたって借り上げて転賃し、安定した賃料収入を保証してくれる制度です。
これで、マイホームをはなれる時も自宅を売却することなく、老後の資金として活用できます。

移住・住みかえ支援機構 マイホームを貸したい人 家を借りたい人 制度利用者のメリット 家を借りる人のメリット
安心のサポートにつながるポイント

終身借り上げ。借り手がいなくても最低賃料保証で安心。

制度お申し込み後、一人目の入居者が決定すれば、それ以降は借り手が付かず空室状態になっても最低賃料※を保証します。賃料保証に関しては、JTIの内部準備金を充当。資金不足に備えて国の基金も用意され、安心です。
※最低賃料:査定賃料下限の85%が目安

3年単位の定期借家契約で安心。

賃借人との契約は、3年ごとに契約が終了する定期借家契約を活用。契約を更新しなければ、必要なときだけ貸して、マイホームに戻るのもスムーズ。賃貸をやめて売却することもできます。賃借人が居座ったり、立ち退き料を請求されることはありません。

あなたに代わり、JTIが責任をもって転貸します。

JTIが、一旦借り上げてから転貸するので、あなたが賃借人と直接関わることはありません。家賃の未払い、家の不適切な使用などのトラブル時の交渉も無用です。

かせるストックとは

新築時に「かせるストック」認定を受けていれば、いざその時にマイホーム借り上げ制度を年齢制限なしで利用可能。基準をクリアしているテクノストラクチャーの住まいなら、簡単に認定を受けられます!

「かせるストック」とは、耐久性・耐震性にすぐれ、長期のメンテナンス体制を整えた住宅を、50歳以上のシニアが対象の「マイホーム借り上げ制度」を使って、年齢に関係なく貸せるシステム。認定基準を満たしたパナソニックのテクノストラクチャー工法の住まいなら簡単に認可を受けることが可能で、新築時に登録しておけば「かせるストック」認定の証明書がお引渡しの頃に交付されます。
そして、いざその時には建物診断をスキップして簡単にすばやく手続きが完了。マイホーム借り上げ制度の利用が開始できます。

「かせるストック」のポイント

本来50歳以上が対象の「マイホーム借り上げ制度」を利用し、年齢に関係なくいつでも賃貸できる。

いざその時にわが家の建物診断を受けるのは大変だから、新築時に認定を。備えて安心。

新築時にかせるストックの認定を受けておけば、いざ貸そうというときに、手続きがスムーズ。

変化に対応できる安心

「かせるストック」は家という資産を長く活用し、住み方の選択肢を広げてくれます。

標準的な家では築後20年で資産価値はほぼ0。売却しても土地代にしかなりません。
「かせるストック」は家という資産を長く活用することで、住み方の選択肢を広げてくれます。
終身借り上げのため、お子様に相続してもその権利が引き継がれます。
手塩にかけた我が子が将来親孝行してくれるように、家族を守ってきたマイホームが将来皆様を資金面で支えてくれます。

かせるストック適合していない住宅 かせるストック適合住宅

「かせるストック」の認定条件

テクノストラクチャー工法採用ビルダーが施工したテクノストラクチャー工法のマイホームであること。


「住宅品質確保の促進に関する法律」に基づく住宅性能表示(新築住宅)を取得(設計・建設性能評価)し、以下の3条件を満たすこと。
1.劣化対策等級:3等級
2.維持管理対策等級:3等級
3.耐震等級:2等級以上
または、長期優良住宅促進法に基づく「長期優良住宅」の認定を受けた住宅。


保険期間10年の住宅瑕疵担保責任保険が付保されていること。


リビングベルに住宅履歴を登録(10年)・更新(5年ごと)すること。


10年目以降5年ごとに定期点検を受け、必要に応じて補修などをすること。

実際にかせるストックを利用すると
どのように役立つか。
また、利用するにはどうすればよいかを
みてみましょう。

利用するには?