その想いを、その暮らしを、OWNER MADE TECHNO でかなえた家。

Case.01ピロティと展望台デッキのある家。

三重県A様邸 建築家:株式会社貴志環境企画室
三重県A様邸 建築家:株式会社貴志環境企画室

「LDKは、できるだけ広い空間に。」「窓が大きく光がたくさん入る家がいい。」「新しい家では友だちも呼んで、大人数でのバーベキューを楽しみたい。」「屋外に、子供たちが遊べる空間がほしい。」そんなリクエストがあったA様邸。幸いに敷地は、東も南も眺めが開ける好環境。そこで、隣地からの視線も気にならない2階に、広いLDKと展望台のようなバルコニーをつくることが、マスタープランとなりました。
窓をふんだんに設え、ひとつながりのLDKは、光がたっぷり差し込み、明るく開放的。長い時間を過ごしても気持ちのよい場所に。親子4人が一緒に寝られる和室も引き戸を開け放てば一体となって、さらに広い空間に。寝室も2階に置くことで余裕のできた1階には建築家らしいピロティが提案され、半屋外のスペースは、子供たちの遊び場や、バーベキューの場に活かされています。モダンで軽やかなピロティは、街並みもすっきり彩り、「美術館のようなデザイン」とのオーダーにもしっかりと応えたようです。

テクノストラクチャーならではのロングスパンを活かして広く続いた2階LDK。開口も多く明るく心地よい空間に。

モダンだけど温かみのある家という希望には、白を基調に木のフローリングや家具を組み合わせて応えました。

都会的な白黒の外壁とピロティでまさに美術館のような外観。大きなバルコニーは、まるで空中に浮かぶ展望台。

Case.02家族が、互いにつながり、屋外に、夢につながる家。

茨城県M様邸 建築家:travelbag一級建築士事務所
茨城県M様邸 建築家:travelbag一級建築士事務所

大胆な勾配屋根と壁をうがつ大きな開口。その外観が印象的なM様邸のテーマは、「多彩なライフスタイルに応え、ワクワクとわがままに暮らす家」。そのために、「夫婦の間」・「子供の間」の2つの居室に続く「外の間」を設置。吹抜けのこの空間が2階から1階へ光や風を採り込み、2つのフロアをひとつにしながら、みんなで開放的にすごせる第2のリビングにも、個々が自由に使えるユーティリティにもなります。家族をつなぎ、屋外につながり、わがままな暮らしにつながる空間の提案。まさに、建築家ならではの発想です。

土間のある吹抜けは光と風の通り道。1階のリビングと2階の「外の間」もつなぎます。

どの部屋でも素敵な眺めを満喫。

高い吹き抜けを生む大きな勾配屋根はこの家の象徴。

PAGE TOP