日本の家に「断熱」が必要な理由とは?省エネ住宅ZEHって何?

ここ数年、住宅会社のCMで「断熱」という言葉をよく見ますよね。
ただ、その「断熱」って何なのか・・・というのは、CMを見るだけではよく分かりません。

でも日本の家には、「断熱」がとても必要なのです。
そして、「高断熱」な家は省エネにも繋がることをご存じですか?

一年中、快適で健康な暮らしを送るために、ぜひ「断熱」について知っておいてください。
さらに省エネルギー性の高い「ZEH」(ゼッチ)についてもご説明します。

日本の家に「断熱」が必要な理由とは?省エネ住宅ZEHって何?

断熱って何?日本の家に断熱が必要な理由は?

家づくりにおける「断熱」とは、文字どおり「熱を断つ」ことです。

と言っても、家の中から熱を抜くということではありません。
それでは、暑い夏は快適であっても、寒い冬を快適に過ごすことはできませんからね。

最近では高断熱仕様の家に関して、「夏涼しく、冬暖かい」というキャッチフレーズがよく使われています。
この言葉が、「断熱」というものを最もよく表しているでしょう。

家の壁や天井、床に断熱仕様を設定することで、夏は外からの熱をシャットアウトし、家の中の涼しさを保ちます。
反対に冬は、家の中の熱を外に逃がさなくすることで、家の中の暖かさを保つことができるのです。

断熱性能が日本の家に必要な理由

では、なぜ日本の家に、断熱性能が求められているのでしょうか?
それは日本に四季があり、かつ地域によって気候・気温が大きく異なるからです。

日本の四季とは、「夏暑く、冬寒い」もの。
東京だと夏は平均的に30度を超え、冬は10度を下回ります。
これが地域によっては、よくニュースでも取り上げられる埼玉県熊谷市のように、夏は40度近く気温が上昇する一方、冬は氷点下という場所もあるほどです。

断熱性能が日本の家に必要な理由

これだけ季節や地域によって気温差が生じる国も、なかなかありません。
そのため日本の家には、それぞれの地域の気候・風土に合った、きめ細やかな断熱仕様が求められます。

高断熱の家が生み出す2つのメリット

高断熱の家には、以下の2つのメリットがあります。

  • 夏涼しく冬暖かい家で快適に過ごす
  • 省エネで家計にも環境にもやさしい

夏涼しく冬暖かい家で快適に過ごす

先にご説明したとおり高断熱の家では、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。
夏は家の外からの熱をシャットアウトしてくれるだけでなく、エアコンなどで生まれた涼しい空気を外に逃さないからです。
これは冬に、暖房器具で出来た暖かい空気にも同じことが言えます。

夏涼しく冬暖かい家で快適に過ごす

断熱性能の高い家と断熱性能の低い家を、サーモグラフィーで見ると、その違いは一目瞭然です。

断熱性能が高い家は、冬だと家全体・部屋全体が暖かいため、サーモグラフィー画面は均一に赤くなります。
一方、断熱性能が低い家は、いわゆる「温度ムラ」があり、サーモグラフィーで見ると赤い=暖かい場所もあれば、青い=寒い場所もあります。

もちろん、「温度ムラ」が少なければ少ないほど、快適で過ごしやすい家だと言えます。

省エネで家計にも環境にもやさしい

高断熱性は、省エネルギー性も高めてくれます。
暑い夏は冷房を、寒い冬は暖房をガンガン強める人が多いでしょう。
エアコンだとそれでは電気代が高くなる一方ですよね。

でも高断熱の家では、家の中は快適な温度が保たれます。
結果、エアコンなど冷暖房器具の使用量を抑えることができるでしょう

省エネで家計にも環境にもやさしい

すると当然のことながら、まず電気代=光熱費が下がります。
高断熱の家によって、年間約10万円も光熱費が下がるというシミュレーションもあります。

また、地球温暖化による環境破壊が世界的な問題となっていますが、高断熱によりエネルギー性が高まると、地球温暖化の原因であるエアコンから排出される二酸化炭素も削減されます。

高断熱の家づくりは、家計にも環境にもやさしいのです。

ZEHを知っていますか?

ここまで高断熱の家のメリットをご紹介してきましたが、最後にこうした高断熱性能を持つ住宅をご紹介します。

それは「ZEH」(ゼッチ)です。

ZEHとは「Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」の略で、環境省の公式サイトでは以下のように定義されています。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。

環境省・国土交通省・経済産業省などが連携し、支援事業として補助金制度を設立したことで、注目を集めるZEH(ゼッチ)。

ZEHを知っていますか?

太陽光発電システムを取り入れることで、1年間の消費エネルギーと住宅で生み出すエネルギー量が同じに、あるいは太陽光発電によってつくられるエネルギーのほうが多くなります。
すると電気を自給自足することができるわけです。

ZEHというゼロ・エネルギー政策には、様々な要素が含まれていますが、高断熱もその要素の一つです。
政府は2030年までに、新築住宅の平均でZEHを実現することを目指しています。
新築住宅は、今後ますますゼロ・エネルギー化が進むでしょう。

そこで、高断熱の家づくりについて考えるなかで、ぜひZEHについても調べてみてください。