省エネが家づくりに必要な理由とは? 省エネに役立つ設備って何?

温暖化や異常気象が叫ばれるようになった近年。
地球環境問題の解決に向けた省エネ化への取り組みが、世界中で広がりを見せています。

日本では、「建築物省エネ法」に基づき、「省エネ基準」という指針が定められています。
「省エネ基準」とは、正しくは「建築物エネルギー消費性能基準」と言います。

建築物を使用することによって消費されるエネルギーは多様です。その多様なエネルギーを省エネする取り組みについて見ていきましょう。

省エネが家づくりに必要な理由とは? 省エネに役立つ設備って何?

省エネ基準とは?

省エネ基準とは?

  • 空調や照明、換気や給湯などの住宅で日常的に使われる設備のエネルギー消費量(一次エネルギー消費量)
  • 一定の条件で算出された、外壁や窓の外皮平均熱貫流率
  • 冷房時期の平均日射熱取得率

など。

省エネ性能を備えたZEHとは?

省エネルギー性能を備えた住宅の一つに「ZEH」(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)があります。

「ZEH」とは、「自宅で創るエネルギー量が、使うエネルギー量と同じ。あるいは創るエネルギー量のほうが大きい」住宅のことを言います。

太陽光発電などによってエネルギーを創出し、かつ省エネルギーによって使うエネルギーの量を減らすことが、ZEH基準をクリアするための一つの方法です。

省エネ性能を備えたZEHとは?

そして、ZEHと認定された住宅は、審査をへて補助金を受けられる制度もあります。
これは大きなメリットですよね。

なぜ「省エネ」が必要なのか?

「省エネ」という言葉は、今では誰もが一度は耳にしたことがあるでしょう。
省エネとは「省エネルギー」の略語で、石油や石炭、天然ガスなど地球上にあるエネルギー資源を大切に効率よく使用することを指しています。

では、なぜ省エネが必要なのでしょうか?

それは、私たちが生活する上で欠かすことのできない電気やガス、ガソリン、灯油といった元になる原材料には限りがあるからなのです。

石油や石炭はこれまでに何年も採掘を重ねてきましたが、近い将来、枯渇してしまうのでは? と懸念する声もあります。
しかし、その反面私たちの生活はこうした資源の活用によってどんどん進化を遂げています。

なぜ「省エネ」が必要なのか?

つまり、文明と反比例するように地球上の資源は減少の一途をたどっているというわけです。
省エネは、この貴重な資源を大切にしてエネルギーを上手に有効活用すること、そして、地球を守ることという2つの重要な意味をもっているのです。

建築物省エネ法とは?

このような背景を受けて、平成27年7月に交付されたのが「建築物省エネ法」です。

これは政府が打ち出した「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」で、平成29年にその具体的な適合義務、規制的措置などが施行されてきました。

近年、私たちの生活は、大雨や大地震などの自然災害によって、大きく脅かされています。
異常気象を生み出す要因のひとつ、地球温暖化を解消するためにも、日本国内におけるエネルギー消費量削減を目指す法律の1つが「建築物省エネ法」であると言えます。

建築物省エネ法とは?

日本のエネルギー問題については、建設業、工業、水産業、運送業など各産業において、大きく取りざたされてきました。
いまやエネルギー対策は、毎日の生活にも関わってきています。政府が取り組むエネルギー対策、たとえばZEHの普及などは、その一つでしょう。

新築一戸建てのみならず、住宅リフォームに対してもZEHの優遇措置が準備されています。
それだけ、住宅全体にエネルギー対策が求められているということではないでしょうか。

「省エネ」の対象となるエネルギーは?

エネルギーの使用の合理化を推進するため、政府は「省エネ法」の改正を行っています。
省エネ法とは「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」です。

国土交通省では、省エネ法の目的について、次のように定めています。

内外におけるエネルギーをめぐる経済的社会的環境に応じた燃料資源の有効な利用の確保に資するため、工場等、輸送、建築物、および機械器具等についてのエネルギーの使用の合理化に関する所要の措置、電気の需要の平準化に関する所要の措置、その他エネルギーの使用の合理化等を総合的に進めるために必要な措置を講ずることとし、もって国民経済の健全な発展に寄与すること。

この省エネ法におけるエネルギーとは、どのようなものを対象としているのでしょうか?

  • 燃料
  • 電気

燃料

  • 原油、重油、揮発油、その他石油を原料とした製品
  • 可燃性天然ガス
  • 石炭、コークス、その他石炭製品

蒸気、温水、冷水など

電気

太陽光発電、風力発電、廃棄物発電など

「省エネ」の対象となるエネルギーは?

省エネ法が規制している分野としては、工場や輸送、住宅・建築物、機械器具等がその対象となっており、それぞれに課せられた義務などが細かく制定されています。

このうち、住宅において「熱エネルギー」の省エネに役立つ設備、「熱交換気システム」についてご説明しましょう。

省エネに役立つ設備「熱交換気システム」とは?

熱交換気システムとは、室内の給排気を強制的に行う機器です。
新しく取り込まれた外気に熱を移し、室内に取り込む際の外気温を調整するという役目を持っています。

冷暖房にかかるエネルギーのロスを抑え、室温の変化を防いで外気からの換気ができる、この熱交換気システムは、地球にも私たちの生活にも優しい機能のひとつです。

省エネに役立つ設備「熱交換気システム」とは?

また、電気ヒートポンプと温水循環ポンプを使用した床暖房用熱源は、寒冷地の暖房設備として有効活用したり、遮光性や通気性を兼ね備えた遮熱アイテムを採用すれば、室内の温度の上昇を抑えたりすることも可能です。

LEDを使用した照明や高効率の空調設備などを兼ね備えた住宅や設備は今後も増えていきそうです。
家づくりを検討している方は、ぜひ省エネ設備にも注目してください。