地震に強い家をつくるために知っておくべき耐震・制震・免震の違い

地震に強い家とは、地震の揺れに耐えられるよう設計された家のこと。
地震大国の日本では、家づくりに耐震構造や強さが求められています。
そこで新築の一戸建てなど新居を検討しているのであれば、自分自身でも耐震構造について知っておくほうが、しっかりとした住宅会社選びが可能になるでしょう。

たとえば「耐震」「制震」「免震」の違いはご存じですか?
最近テレビや雑誌、インターネットでもよく見かけるようになった、この3つの言葉には、実は大きな違いがあります。

地震に強い家を建てるために知っておきたい、この「耐震」「制震」「免震」の違いについてご説明します。

地震に強い家をつくるために知っておくべき耐震・制震・免震の違い

地震はどうして起きる?

そもそも「地震」とは一体何なのでしょうか? どうして地震は起きるのか。
気象庁ホームページでは、地震について次のように書かれています。

地震とは、地下の岩盤が周囲から押される、もしくは引っ張られることによって、ある面を境として岩盤が急激にずれる現象のことをいいます。この岩盤の急激なずれによる揺れ(地震波)が周囲に伝わり、やがて地表に達すると地表が「揺れ」ます。私たちはこの「揺れ」で、地震が地下で発生したことを知ります。

地震の「揺れ」には、以下の2種類があります。

  • 縦揺れ
  • 横揺れ

「縦揺れ」と「横揺れ」の違いは、文字通り
「縦揺れ」=上下に揺れる
「横揺れ」=水平に揺れる

というもの。

この2種類の揺れについては、インターネット上でも
「縦揺れのほうが先に来て、後から横揺れが来る」
「縦揺れよりも横揺れのほうが家屋の被害は大きい」
といったことが書かれている記事が見られますよね。
ただし、一概にそうであるとは言えません。

地震はどうして起きる?

地震の揺れは、どの方向から来るか分かりません。
そもそも、いつ地震が起きるのか分からないなかで、その方向まで予測することは難しいでしょう。

世界的に見ても有数の地震大国である日本において、大切なのは「もしも」の時のためにしっかり備えておくことが必要です。
特に日常生活を送る住まいには、耐震構造が必須なのです。

耐震・制震・免震の違いとは?

耐震・制震・免震の違いとは?

耐震:地震の揺れに耐える

「耐震」とは、文字通り「地震の揺れに耐える」構造を言います。地震対策の基本となる構造です。
接合部材や筋かいなどで建物の骨組みを強化し、建物が崩壊するのを防ぎます。

制震:地震の揺れを吸収する

「制震」とは、建物の揺れを吸収する仕組みです。
地震による建物の揺れは、上の階に行けば行くほど大きくなります。
そこで下層階に「ダンパー」と呼ばれる制震装置を組み込み、地震の力を吸収することで、揺れを抑えるというシステムです。

この制震システムのおかげで、家の2階、3階の揺れは軽減され、地震が来たときに家具が転倒するといった不安もやわらげることができます。

制震:地震の揺れを吸収する

免震:地震の揺れを逃がす

「免震」とは建物と基礎部分の間に、免震装置(積層ゴムなど)を入れることで、地震の揺れをその免震装置が吸収し、建物に揺れが伝わるのを防ぐという、「耐震」「制震」とはまた別の仕組みです。

ただし、免震装置の設置には「地盤によって向き・不向きがある」、「縦揺れに対して効果が薄い」「コストが高い」といった面もあると言われています。

耐震+制震

「耐震」「制震」「免震」の違いは、お分かりいただけたでしょうか?
耐震性能や関連する技術は常に進化しています。現在ではこの3種類だけでなく、実は各性能を組み合わせた方法もさかんに提案されています。

たとえば、その一つが「耐震」と「制震」の組み合わせです。

地震対策の基本である「地震の揺れに耐える」耐震に加えて、さらに地震の揺れを吸収する制震システムを組み合わせることで、家に対する安心は増すはずです。

耐震等級

地震に強い家、耐震構造を考えるうえで、「耐震」「制震」「免震」とは別にもう1つ、必ず知っておきたいのが「耐震等級」という言葉です。

耐震等級とは、住宅の耐震性能を評価する表示する制度。等級は1、2、3まであります。
その基準は以下のようになっています。

耐震等級1

建築基準法の耐震基準を満たす「震度6強の地震が来たとき、傾きはしても倒壊しない」というレベルの家です。

耐震等級2

耐震等級1の「1.25倍」の地震に耐えられる強さの基準です。

耐震等級3

耐震等級1の「1.5倍」の地震に耐えられる強さの基準です。地震が来たときの防災拠点となる消防署や警察署を新築する時は、この耐震等級3相当の強さで建てられています。

耐震等級1でも建築基準法はクリアしていますが、地震大国である日本で家を建てるうえでは、地震対策としては不安が残りますよね。 やはり、「もしも」のこと考えると、地震への備えとしては耐震等級3の家が理想的と言えます。

いつ来るか分からない地震への耐震対策を!

地震大国・日本では、いつ、どの場所を大地震が襲うかは分かりません。
過去の大地震を見ても分かるとおり、特に地震で家屋が倒壊したときの人的被害は大きなもの。
ずっと住んでいた家が、地震によっていきなり人を襲う“凶器”と化すのです。

そんな事態を防ぐためにも、家づくりに際しては耐震構造に注意を払っておかないといけません。
いつやってくるか分からない、「もしも」のために耐震構造は必要不可欠です。
「耐震」「制震」「免震」、そして「耐震等級3」、この言葉をしっかりチェックしてください。