耐震性能・地震対策が日本の家づくりで最も大切な3つの理由

ここ数年、日本の家づくり・住宅建設で「耐震」という言葉が、よく使われるようになりました。
そのキッカケは、1995年の阪神・淡路大震災、2011年の東日本大震災、2016年の熊本地震といった、巨大地震が日本を襲い、大きな被害をもたらしたからでしょう。

みなさんも「新しく家を建てたいなぁ」と思った時、一番に気になるのはやはり、地震対策・耐震性能ではないですか?
しかし、そもそも「耐震」「地震対策」ってどういうことか、ご存じでしょうか。
ここでは意外と知られていない「耐震」「地震対策」の内容についてお伝えします。

耐震性能・地震対策が日本の家づくりで最も大切な3つの理由

「耐震」ってどういう意味?

「耐震」という言葉は一戸建て、マンション、アパートなど住宅に限らず、商業ビルを含めた建築物で必ずと言っていいほど使われていますよね。
では、その「耐震」とは、どういう意味なのでしょうか?

一般的に「耐震」という言葉は、「耐震設計」「耐震構造」といった使い方がされています。
その意味は、震(地震)に耐えるということ。つまり、その建物がどれだけ地震に耐えることができるのかどうかが、耐震について大きなポイントとなります。

古くは1923年の関東大震災、近年では阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震など、大きな地震が発生した際には、多くの家屋が倒壊している様子がメディアで報じられました。

「家づくりは人生最大のお買い物」とよく言われます。それこそ何千万円、何億円と費用をかけて建てた家が、地震によって一瞬のうちに倒れてしまうことがあるわけです。
そんなマイホームを、もう一度建てようと思っても、費用的にも時間的にも、なかなかすぐに建てられるものではありません。

大地震に襲われた場合、以下のような危機が想定されます。

  • 家が倒壊して命の危険にさらされる
  • 何千万円もの費用をかけた家が倒壊する……
  • 家の建て直しには同額以上のお金と時間を要する
  • 家=生活の拠点を失うためにダメージが大きい

そこで耐震、つまり地震に強い家を建てようという考えが広まっているのですね。

耐震性能が日本の住宅に必要な理由とは?

耐震性能が日本の住宅に必要な理由とは?

いまや日本の住宅に「耐震性能」「耐震設計」は不可欠なものです。
一方で、「そんなに大きな地震が頻繁に起こるものなの?」という疑問をお持ちの方もいますよね。

日本は世界的に見ても有数の地震大国であり、いつどこで大地震に襲われるか、なかなか予測できるものではありません。
そのため、「近々起こるであろう大地震を予知し、その際に住まいの耐震性能を強化する」というのは現実的に不可能です。

そこで、いつ、どこで、どんな場所に家を建てるにせよ、日本の住宅に耐震性能が必要な理由をご紹介します。

  • 日本は小さな地震が多い
  • 日本全国どこでも地震が起こる
  • 近い将来、大地震が起こる?

日本は小さな地震が多い

日本はよく“地震大国”と言われます。
それだけ地震が多い国であると世界的にも知られているわけですが、先にご紹介した巨大地震は数年に一度、数十年に一度の割合ですよね。
これを見て「そんなに地震が起こっていないのでは?」と考えてはいけません。

実は、日本は世界的に見て小~中規模の地震が、とても多い国なのです。
気象庁が発表した、地震に関する以下のデータをご覧ください。

表1世界の地震回数(1年間の平均:USGS(アメリカ地質調査所)による)

マグニチュード 回数(1年間の平均) 備考
M8.0以上 1 1900年以降のデータによる
M7.0 – 7.9 17 1900年以降のデータによる
M6.0- 6.9 134 1900年以降のデータによる
M5.0 -5.9 1,319 1900年以降のデータによる
M4.0 – 4.9 13,000 推定値
M3.0 – 3.9 130,000 推定値

表2日本及びその周辺の地震回数(1年間の平均)

マグニチュード 回数(1年間の平均)
M8.0以上 0.2(10年に2回)
M7.0 – 7.9 3
M6.0- 6.9 17
M5.0 -5.9 140
M4.0 – 4.9 約900
M3.0 – 3.9 約3,800

表3日本及びその周辺の地震回数(2011年)

マグニチュード 回数(2011年)
M8.0以上 1
M7.0 – 7.9 8
M6.0- 6.9 107
M5.0 -5.9 665

こうして見ると、まず世界で発生している地震のうち、約10分の1が日本で起こっています。

また、マグニチュード8.0以上の地震は「10年に2回」という数字になっていますが、2011年にはその10年に2回しか起こらないはずの大地震――東日本大震災が発生しましたよね。
2016年の熊本地震もマグニチュード7.3という巨大地震でした。

さらに数多くの小~中規模地震も発生している日本、これだけ見ても住宅に耐震性能が必要な理由が分かりますよね。

日本全国どこでも地震が起こる

世界的に見ても、日本は地震が多い国であることが分かりました。
ただし、怖いのは回数だけではありません。日本が地震大国と言われるもう一つの理由――それは、日本全国で地震が発生しているということです。

21世紀に入り日本国内で発生した、大規模地震の一部を見てみましょう。

発生日 発生場所 マグニチュード 名称
2001 3月24日 広島県 M6.7 芸予地震
12月18日 沖縄県・与那国島近海 M7.3
2002 3月26日 沖縄県・石垣島近海 M7.0
2003 5月26日 宮城県沖 M7.1
7月26日〜27日 宮城県中部・北部、日本海北部 M5.5~7.1
9月26日 北海道・十勝沖 M8.0
2004 9月5日 三重県・紀伊半島 M7.1 紀伊半島南東沖地震
10月23日 新潟県・中越地方 M5.7~6.8 新潟県中越地震
11月29日 北海道・釧路沖 M7.1
2005 3月20日 福岡県・佐賀県 M7.0
8月16日 宮城県沖 M7.1
11月15日 北海道~関東・三陸沖 M7.2
2006 4月21日 伊豆半島沖 M5.8
2007 3月25日 石川県・能登半島 M6.9
7月16日 新潟県・長野県 M6.8 新潟県中越沖地震
2008 5月8日 茨城県沖 M7.0
6月14日 岩手県・宮城内陸 M7.2
7月24日 岩手県北部 M6.8
9月11日 北海道・十勝沖 M7.1
2009 8月9日 関東~東北地方南部 M6.8
8月11日 静岡県・駿河湾 M6.5
2010 2月27日 沖縄本島近海 M7.2
11月30日 東京都・小笠原諸島西方沖 M7.1
12月22日 東京都・父島近海 M7.4
2011 3月11日 東北地方 M9.0~9.1 東日本大震災
3月12日 長野県北部 M6.7
3月15日 静岡県東部 M6.4
4月7日 宮城県沖 M7.2
4月11~12日 福島県 M7.0
6月30日 長野県中部 M5.4
7月10日 三陸沖 M7.3
10月3日~12日 富山県・長野県 M5.4
11月8日 沖縄県本島北西沖 M7.0
日本全国どこでも地震が起こる
発生日 発生場所 マグニチュード 名称
2012 1月1日 鳥島近海 M7.0
3月14日 三陸沖 M6.9
3月14日 千葉県東方沖 M6.1
12月7日 三陸沖 M7.3
2013 2月2日 北海道十勝地方南部 M6.5
4月13日 淡路島付近 M6.3
10月26日 福島県沖 M7.1
2014 7月12日 福島県沖 M7.0
11月12日 長野県北部 M6.7
2015 5月30日 東京都・小笠原諸島西方沖 M8.1
11月14日 鹿児島県・薩摩半島西方沖 M7.1
2016 4月14~16日 熊本県 M7.3 熊本地震
6月16日 北海道・内浦湾 M5.3
10月21日 鳥取県中部 M6.6
11月22日 福島県沖 M7.4
12月28日 茨城県北部 M6.3

このように日本全国で、大規模地震が発生していることが分かりますよね。
気象庁の公式サイトにも次のように明記されています。

日本で地震が発生しないところはありません。小さな規模の地震は日本中どこでも発生しています。また、ある場所で過去に大きな規模の地震が発生していたとしても、地表に痕跡(活断層など)が残らないことがあります。このため「この場所は大きな規模の地震が絶対ありません」と言えるところはありません。

近い将来、大地震が起こる?

近い将来、大地震が起こる?

さらに、日本では近い将来、再び巨大地震が発生するのでは?と予測されています。
それは「東海地震」(南海トラフ地震)です。

駿河湾から静岡県の内陸部を震源域とする、マグニチュード8クラスの巨大地震になると予測されている東海地震(南海トラフ地震)。
その被害範囲(予測)は東海地域から近畿、四国、九州にまで及んでいます。
気象庁公式サイトでも、東海地震(南海トラフ地震)に関するニュース・お知らせは頻繁に掲載されていることからも、その危険度が分かるでしょう。

この東海地震(南海トラフ地震)以外にも、日本で多くの地震が発生する可能性は高く、これから家を建てようと考えている方にとって、耐震は絶対に考えておかなくてはいけないものと言えます。

耐震性能の高い家で、末永く家族が幸せに暮らす

耐震性能の高い家で、末永く家族が幸せに暮らす

ここまで、日本の住宅建築において耐震性能が必要な理由をご紹介してきました。
地震が発生すると何より怖いのは、揺れによる家屋の倒壊です。それは、大切な家族の命に関わる問題でもあります。

家とは、住宅とは家族を守るために建てるもの。
しかしこの“地震大国”にあって、耐震性能が低い家では、大切な家族が危険にさらされる可能性があります。

家づくりをお考えの場合は、ぜひ耐震性能について、しっかりとした知識をお持ちください。
末永く、大切なご家族と幸せに暮らしていくために。