REVALUE NIPPON PROJECT 中田英寿が出会った日本工芸終了しました

開催要項

開館期間
2016年4月9日(土)〜6月5日(日)  パンフレット» パンフレットPDF  パンフレット» ジュニアガイドPDF終了しました
開館時間
午前10時より午後6時まで(ご入館は午後5時30分まで)
休館日
毎週水曜日(ただし5月4日は開館)
入館料
一般:1,000円 65歳以上:900円 大学生:700円 中・高校生:500円 小学生以下:無料
20名以上の団体:各100円割引
障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料で入館可能
ホームページ割引引き換え券はこちら
主催
パナソニック 汐留ミュージアム、東京新聞、TBS 
協力
一般財団法人 TAKE ACTION FOUNDATION
会場デザイン
藤本壮介建築設計事務所
後援
港区教育委員会

» パナソニック 汐留ミュージアムへのアクセス

» 常設展 ルオーギャラリーの展示作品についてはこちら

展覧会概要

伝統から未来をつくる
工芸家とクリエーターがコラボレートした
新しい「ニッポンの美」への挑戦

元サッカー日本代表である中田英寿氏が現役引退後続けている活動のひとつに「REVALUE NIPPON PROJECT」があります。この活動は、日本が連綿と受け継いできた伝統的な工芸、文化や技術の価値や可能性を再発見し、その魅力をより多くの人に知ってもらう 「きっかけ」を創出することで、日本文化の継承・発展を促すことを目的としています。このプロジェクトでは、毎年「陶磁器」「和紙」「竹」「型紙」「漆」といったひとつの素材をテーマに選び、批評家などの専門家を中心としたアドバイザリーボードが、工芸家およびアーティストなどのコラボレーターを選定し、各チームが自由な発想で作品を制作します。さらにこの制作を通じて工芸の魅力を広く伝えるために中田氏自らも広報活動を行い、この作品や人との出会いは将来の日本のラグジュアリーとなるべきものだと語っています。日本の工芸作品は私たちには身近すぎ、その価値や魅力について再考することが難しいのかもしれません。産業分野のものづくりにも、工芸の技術や美しさは深く関係し必要とされているにもかかわらず、工芸家やその作品の認知度は決して高いとは言えず、後継者不足で悩む作り手が多く存在している現状があります。本展では、日本工芸の魅力を再発見し、「ものづくりの心」を後世に伝えるべく中田氏のプロジェクトで生まれた作品を展示します。展覧会場では、新たな刺激を受けた工芸家たちの技術力の高さとその作品の美しさを改めてご覧いただけることでしょう。

» さらに詳しく

イベント・講演会

シンポジウム 「REVALUE NIPPON PROJECTと日本工芸の未来」

終了しました

パネリスト
見附正康(絵付師)、新里明士(陶磁器作家)、中田英寿(一般財団法人TAKE ACTION FOUNDATION代表理事)
日時
2016年4月23日(土)午後2時〜4時
定員
250名(要予約)※未就学児はご遠慮ください
参加費
無料(ただし本展の観覧券が必要です)
会場
パナソニック東京汐留ビル5階ホール

» 申し込み方法

ワークショップ

1 竹ワークショップ 竹玉ペンダント作り

終了しました

講師
中臣一(竹藝家)
日時
2016年4月16日(土) 午後2時〜3時30分
定員
15名/小学校4年生以上(要予約)
参加費
¥1,500
会場
パナソニック東京汐留ビル3Fホール

» 申し込み方法

2 和紙ワークショップ 張子ってなんだろう!
〜カワイイ豆だるまとネコの張り子に絵付けしよう〜 

終了しました

講師
橋本彰一(デコ屋敷本家大黒屋 21代当主)
日時
2016年5月7日(土)午後2時〜4時
定員
25名/小学校4年以上(要予約)
参加費
¥2,500
会場
パナソニック東京汐留ビル3Fホール

» 申し込み方法

3 型紙ワークショップ 伊勢型紙の技法で「しおり」作り

終了しました

講師
内田勲(型紙師)
日時
2016年5月14日(土)午後2時〜3時30分
定員
25名/小学校4年生以上(要予約)
参加費
¥1,000
会場
パナソニック東京汐留ビル3Fホール

» 申し込み方法

4 漆ワークショップ 色漆と金粉で飾るオリジナルの箸を作ろう

終了しました

講師
奥窪聖美(漆芸作家)
日時
2016年5月28日(土)午後1時〜4時
定員
15名/小学校4年生以上(要予約)
参加費
¥3,000
会場
パナソニック東京汐留ビル3Fホール

» 申し込み方法

【 シンポジウム・ワークショップへのお申し込み方法へのお申し込み方法 】

・2016年3月1日(火)より受付開始 
・お申し込みの受付時間 午前8時〜午後10時
・お申し込みの受付は先着順、定員になり次第締め切りとさせていただきます。
・講演会当日の受付開始時刻はお申し込み時にお知らせします。

ハローダイヤル(03-5777-8600)でお申し込みください。
@イベント名 A参加人数(一度にお申し込み頂ける人数は2名まで) B氏名(要全参加希望者名) C住所 D電話番号を承るほか、
簡単なアンケートにご協力いただきます。

  • ※お申し込み時に頂いた個人情報は、本イベントの受講管理の目的でのみ使用致します。
    なお、お預かりした個人情報は、上述の目的での使用に同意頂いたものとさせていただきます。
  • ※定員に達しなかった場合、当日受付をする場合があります。

学芸員によるギャラリートーク

終了しました

学芸員によるギャラリートーク 好評につき、追加開催がきまりました。
追加開催5月15日(日)午後2時〜 (1時間程度)

4月22日(金)終了、4月29日(金・祝)終了いずれも午後2時〜 (30分程度)
参加無料(ただし本展の鑑賞券が必要です)
予約不要(当日展示室前までお集まりください)

パナソニック リビング ショウルーム 東京 のイベント・特別展示

静岡・川根 「燗c農園」新茶のご紹介  〜中田英寿氏が日本を旅する中で出会ったゆかりの農園〜

終了しました

新茶のシーズンに合わせ、静岡・川根の燗c農園さんにお越しいただき、お茶を淹れていただきます。
全国茶品評会優勝、農林水産大臣賞をはじめ、多くの賞を受賞している燗c農園は茶葉の栽培から、火入れなどの製品加工まですべて自園自製で行っています。それだけに大量生産はできませんが、その分こだわりを持っています。色がとても薄いのに、味の濃い不思議なお茶。濃密で深い味と香りをお楽しみください。
日時
4月28日(木)・29日(金・祝)・30日(土)
午前11時〜午後4時
定員
200名(申込不要・先着順) ※お茶がなくなり次第終了
会場
パナソニック リビング ショウルーム 東京 1F リフォームパーク

» 詳細はこちら 

古城里紗の空間演出

終了しました

伝統的な「伊勢型紙」に影響を受けた技法を、現代の「切り紙」にアレンジした作品を手がけている、図案師 古城里紗さん。今回、古城さんの作品をショルウームの生活空間展示のなかでお楽しみいただけます。

日時
4月9日(土)〜6月5日(日) 約2ヶ月間
午前10時〜午後5時
会場
パナソニック リビング ショウルーム 東京 1F リフォームパーク
入場無料

» 詳細はこちら