世界遺産キュー王立植物園所蔵 イングリッシュ・ガーデン 英国に集う花々終了しました

トップページへ

展覧会のみどころ

※出品作品は予告なしに変更になる場合があります。

第1章:植物への夢と憧れ

キュー国立植物園のパームハウス

第1節 植物画の夜明け

植物画の黎明期に各国で描かれた作品を紹介します。ルネサンス時代に入り、 17世紀のドイツやオランダでは本格的な植物図譜が制作されるようになりました。それらは科学的観点からは完成の途上といえますが、植物を緻密に審美的に描くという新しい姿勢がうかがわれます。

第2節 18世紀の植物画家たち

1735年にスウェーデンの博物学者カール・フォン・リンネが『自然の体系』を発表し、植物学は本格的な一歩を踏み出します。1841年、英国王室のキュー庭園は国立の植物園に生まれ変わります。1773年に事実上の園長に抜擢された植物学者ジョセフ・バンクスの下で、同園専属のプラントハンターや植物画家が活躍するようになります。

【出品作品】
・ラムゼイ・リチャード・ライナグル、エイブラハム・ペザー 《セレニケレウス・グランディフロルス、園芸名 大輪柱(サボテン科)》  
(R.J.ソーントン編『フローラの神殿』より)、1800年、個人蔵
・セバスチャン・シューデル 《マルタゴン・リリー(ユリ科)とクロアザミ(キク科)、他》
(『カレンダリウム』より)17世紀初頭、キュー王立植物園蔵
・マーガレット・ミーン 《ダリア属(キク科)》 1790年頃、キュー王立植物園蔵
・バシリウス・ベスラーの委託による 《オオカンユリ(ユリ科)》 (『アイヒシュテット庭園植物誌』より)1613年、キュー王立植物園蔵
ほか

第2章:世界の草花を求めて

マーガレット・ミーン 《ダリア属(キク科)》
1790年頃、キュー王立植物園蔵
シデナム・ティースト・エドワーズ
《センコウハナビ(ヒガンバナ科)》
1818年、キュー王立植物園蔵

第1節 発見の旅

17世紀末から18世紀初頭にかけて、自然界の法則に関する革命的な発見があいつぎました。人々の生活や価値観を科学が変えていくこの啓蒙時代、冒険者たちは新しい発見を求めて世界の海へ乗り出していきます。ここでは、キャプテン・クックの太平洋第一回航海に同行した植物学者のジョセフ・バンクス、ガラパゴス諸島での考察をもとに進化論を提唱した博物学者ダーウィンらの功績を紹介します。

第2節 『カーティス・ボタニカル・マガジン』

ウィリアム・カーティスによって1787年に創刊された植物雑誌『カーティス・ボタニカル・マガジン』は、キュー王立植物園に引き継がれ、今日に至るまで出版され続けています。英国最良の植物画家による手彩色の銅板画と分かりやすい解説により、外国産のめずらしい植物を紹介して、植物画の普及にも一役買いました。

第3節 科学技術と園芸

ヨーロッパの厳しい冬の寒さをしのぎ、外国産の熱帯植物を育てるのに不可欠であったのが、大型温室(グレート・ストーブ)でした。大型温室は、産業革命以降に大量生産が可能となった板ガラスを用いて実現されました。最初に設計したのはジョセフ・パクストン。1851年のロンドン万国博覧会の会場に実現された大空間のプレハブ建築は、大型温室のノウハウが受け継がれ、万博終了後に「水晶宮(クリスタル・パレス)」と呼ばれる歴史的な建造物になりました。

第4節  19世紀とキュー王立植物園

ここでは19世紀、親子2代でキュー王立植物園の園長を務めたフッカー父子にスポットをあてます。父のウィリアム・ジャクソン・フッカーは、園の拡張、温室の建設、『カーティス・ボタニカル・マガジン』との連携など、経営と改革に手腕を発揮しました。1865年には子のジョセフ・ダルトン・フッカーが園長に就任しました。

第5節 ヴィクトリア時代の女性旅行家マリアン・ノース

女性旅行家マリアン・ノースが描いた832点の作品を収蔵・展示するマリアン・ノース展示館から15点を紹介します。マリアン・ノースは貴族の家庭に生まれ、世界中を旅して植物とその生育環境を描くことに生涯を捧げました。ノースは1875年に日本を訪れており、植物や生活の写生をのこしています。

【出品作品】
・ジョアンナ・ラングホーン 《ダーウィンの土手》2004-2014年、作家蔵 © Joanna Langhorne
・ジョセフ・ダルトン・フッカーとウォルター・フッド・フィッチ 《ジョセフ・フッカーのヒマラヤ・ノート、44丁のスケッチ、チョゲルマ峠ならびに遠方からのチョモランマ山(エヴェレスト山)の眺望》 1850年頃、キュー王立植物園蔵
・シデナム・ティースト・エドワーズ 《センコウハナビ(ヒガンバナ科)》1818年、キュー王立植物園蔵
・デシマス・バートン 《パームハウスの設計図》1850年代、キュー王立植物園蔵
ほか

第3章:花に魅せられたデザイナーたち

ウィリアム・モリス 《チューリップ》
1875年頃、個人蔵

第1節 装飾芸術 自然を暮らしに

産業革命を経て広まった新たな製造技術により機械生産品が大量につくり出されるようになり、そこに施すべき新しい装飾が必要となりました。「最初の産業デザイナー」といわれるクリストファー・ドレッサーや、中世の手仕事を手本とし、アーツ・アンド・クラフツ運動を主導したウィリアム・モリスのデザインを中心に、植物に着想源を得たデザインを見ていきます。

第2節 “イングリッシュ・ガーデン”のパイオニア ガートルード・ジーキル

ジーキルはアーツ・アンド・クラフツ運動に共鳴して美術工芸家として出発し、のちに園芸の世界に入ります。そして26歳年下の建築家エドウィン・ラッチェンスと協働して、先駆的な庭を数多く作り上げました。彼女の庭園設計は、自生植物を活かした高度な栽培技術に裏付けられた自然な植栽、卓越した芸術的センス、植物を絵の具にみたてた色彩計画に特徴があります。いまものこるジーキルの庭園として貴重なディーナリー・ガーデンを初公開します。

【出品作品】
・ウィリアム・モリス《チューリップ》1875年頃、個人蔵
・ガートルード・ジーキルのデザインによる ディーナリー・ガーデン
ほか

第4章:エピローグ

キューにおける20−21世紀の植物画

写真技術が発展して植物写真が登場してからは、記録媒体としての存在意義は変わりましたが、研究を助け鑑賞の対象としての植物画は依然さかんです。訓練を積んだ植物画家にはひとつの「種」の代表的なものを表現するという、写真にはできないことが可能なのです。キュー王立植物園の公式画家たちをはじめとする、20−21世紀の植物画家たちの作品を中心にご紹介いたします。

【出品作品】
・レイチェル・ペダー=スミス《マメ科の種子を用いた作画》2004年、キュー王立植物園蔵
ほか
トップページへ