フランス印象派の陶磁器 1866-1886 —ジャポニスムの成熟—終了しました

コラボレーション企画

開催要項

開館期間
2014年4月5日(土)〜6月22日(日) パンフレット» パンフレットPDF終了しました
開館時間
午前10時より午後6時まで(ご入館は午後5時30分まで)
休館日
毎週水曜日
入館料
一般:800円 大学生:600円 中・高校生:200円 小学生以下:無料
65歳以上の方:700円 (年齢のわかるものをご提示ください)
20名以上の団体:各100円引(65歳以上の方は除く)
障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで:無料
ホームページ割引引き換え券はこちら
主催
パナソニック 汐留ミュージアム、朝日新聞社
後援
在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、港区教育委員会
協力
エールフランス航空
企画協力
アートインプレッション

» パナソニック 汐留ミュージアムへのアクセス

» 常設展 ルオーギャラリーの展示作品についてはこちら

展覧会概要

日本にあこがれた19世紀パリの芸術を陶磁器など合計155点で展観

1874年4月、近代絵画史上最も画期的と見なされるグループ展、第1回印象派展がパリで開催されました。その出品作品のひとつであるモネの《印象、日の出》は、刻々と変化する水面の煌めきなどありのままの自然の情景が、大胆な筆致でキャンヴァスに表現されていました。当時のフランスのアカデミック美術は、忠実な模写を標榜していましたが、この絵画は精細さを欠いているとして多くの批判を浴び、このグループは皮肉をこめて「印象派」と名づけられました。同じ頃、陶芸の世界においても新しい技術やジャポニスムからの発想を生かすなど、近代性を取り入れた革新的な陶磁器が作られていました。

第1回印象派展の出品画家で銅版画家のフェリックス・ブラックモンも、日本美術の影響を受けた一人です。彼は、リモージュ磁器で知られるアビランド社の経営者で、日本美術の蒐集でも知られるシャルル・アビランドと出会い、同社の美術監督として迎え入れられると、ジャポニスムのモチーフなどを生かした伝統に捉われないデザインで才能を発揮しました。1880年代初頭には焼締陶器や銅紅釉を使用するなど新しい素材への挑戦を続け、アビランド社はフランスを代表する陶磁器メーカーとして発展しました。 そして、第1回印象派展から100年を経た1974年、「セラミック・インプレッショニスト(Céramique Impressionniste)」という展覧会がパリで開催されました。ここでは印象派絵画のような筆致で装飾された陶磁器と印象派絵画の関連が改めて注目を浴び、作品群は「印象派の陶磁器」と称され、その芸術性の高さが認知されることとなりました。

本展は、アビランド家コレクションを中心に、印象派時代の陶磁器を日本で系統的にご紹介する初めての機会です。印象派スタイルの絵付けをした陶磁器をはじめとして、19世紀後半のフランスが憧れた東洋や日本の美術が色濃く反映されたテーブルウエアや陶芸作品に加え、モネやルノワールといった印象派の絵画も展示いたします。

» さらに詳しく

イベント・講演会

展覧会記念講演会「印象派の二つのルーツ:ロココとジャポニスム」

終了しました

講演
千足 伸行氏 (海の見える杜美術館顧問、成城大学名誉教授)
日時
2014年4月12日(土) 14:00〜16:00(開場:13:30)
参加費
無料 ※聴講は無料ですが、本展の観覧券が必要です。
要予約(定員150名)
会場
パナソニック東京汐留ビル5階ホール

◎2014年2月3日(月)より申し込みの受付を開始します。

» 申し込み方法

ティーサロン「フランス印象派の陶磁器」

終了しました

名窯アビランドの器で紅茶を召しあがりながら本展監修者による展覧会解説を楽しみませんか。
解説
三浦 弘子氏(滋賀県立陶芸の森主任学芸員)
日時
2014年5月17日(土) 13:30〜15:00(開場:13:00)
参加費
無料 ※聴講は無料ですが、本展の観覧券が必要です。
要予約(定員50名)
会場
パナソニック東京汐留ビル5階ホール

◎2014年3月17日(月)より申し込みの受付を開始します。
◎アビランド製カップ&ソーサーは先着15名様のみご使用いただけます。

» 申し込み方法

【申し込み方法 】

・受付は先着順、定員になり次第締め切りとさせていただきます。

ハローダイヤル(03-5777-8600)でお申し込みください。(受付時間 8:00〜22:00)
@希望イベント名A氏名B住所C電話番号を承るほか、簡単なアンケートにご協力いただきます。

  • ※お申し込みにあたってご記入頂いた個人情報は、本イベントの受講管理の目的のみで使用し、終了後に破棄します。
  • ※なお、お申し込み頂いた場合、個人情報に関して上述の目的での使用に同意いた だいたものとさせていただきます。
  • ※定員に達しなかった場合、当日受付をする場合があります。

当館学芸員によるギャラリートーク

当館学芸員が展示内容を解説します(申込不要)

  • 2014年5月10日(土)、6月7日(土)
  • 各回午後2時より(約30分) 参加費無料(入館には展覧会観覧券が必要です)
  • 当日展示室にお集まり下さい。