人物のいる風景

Paysage animé

1897年 木炭、パステル・紙(紙と麻布で裏打ち)

月明かりに照らされた森。靄の中、水浴するニンフを描いた幻想的な風景画である。ルオーがギュスターヴ・モローに師事していた26歳の頃の作品。学生時代、ルオーは「レンブラントの再来」と言われた。卓越した明暗表現と、さらに木炭によるレオナルド・ダ・ヴィンチ的な陰影表現が見事である。