パナソニック・ホーム エコソリューションズ社 > 汐留ミュージアム > ミュージアムについて

ミュージアムについて

概要

当ミュージアムは、松下電工(当時)が1990年代末より社会貢献の一環として収集・所蔵してきた20世紀フランスを代表する画家ジョルジュ・ルオー(1871−1958)の油彩・版画作品を広く人々にご鑑賞いただくことを目的に、2003年4月東京本社ビルの建設を機に本ビル4階に開館いたしました。

初期から晩年までの油彩画や代表的な版画作品などを中心としたルオー・コレクションは現在約230点で、これらの作品を館内「ルオー・ギャラリー」で常設展示するほか、ルオーに関連する企画展も随時開催しています。

また、パナソニックの事業と関わりの深い「建築・住まい」「工芸・デザイン」「著名作家」をテーマとする企画展も開催し、私たちの暮らしを豊かにする「人と空間」「人と"もの"」との新しい関係を探り、ご提案します。

パナソニック 汐留ミュージアムは、さまざまな文化活動を通し、皆様に感動と安らぎを提供する「都会のオアシス」として、21世紀型都市「汐留」というロケーションにふさわしい文化的空間を創造してまいります。

館内のご案内

[施設データ]…展示室面積:333? / ミュージアムショップ:76.8? / 天井高:3.7m

Aミュージアム入口

B企画展示室

「ルオー」「建築・住まい」「工芸・デザイン」「著名作家」をテーマに企画展示を開催しています。

Cルオーギャラリー

当館所蔵の、日本でも有数のルオー•コレクションの中から、テーマごとに作品を展示しています。開館中は、いつでもご鑑賞いただけます。

Dミュージアムショップ

オリジナルグッズ、展覧会図録をはじめ、各展覧会に合わせた関連書籍やグッズなどを販売しています。