森林保全活動 「パナソニック・田辺龍神 ながきの森」

  • 住宅関連事業を中心に森林資源を多く活用していることから、森林環境への「恩返し」として実施。
  • 社員および家族の環境意識向上を図るためにボランティアで活動。

集合写真

【場所】和歌山県田辺市龍神村甲斐の川

植林活動の様子植林活動の様子

植林活動

下草刈活動の様子

下草刈活動

【活動内容】2007年から10年計画 全20ha

春:植林活動
秋:下草刈活動

作業活動の他に森に親しむ活動「観察会」、「山菜積み」、「木工教室」など実施。

【活動実績】

参加者数(名) 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
植林 300 383 380 374 ※1 270 250 345 461 473
下草刈 14 24 85 88 ※2 86 132  

※1. 東日本大震災により、活動自粛
※2. 台風接近のため、中止

植樹本数 合計: 37,750 本 (2007年〜2016年)
ヤマザクラ モミジ ケヤキ クヌギ コナラ ヒノキ アラカシ スダジイ ウバメガシ シラカシ イチイガシ タブ ヤマモモ
3,800 4,600 700 1,000 5,850 1,000 7,200 2,400 7,300 3,700 3,200 800 800

【参加者の感想】

植林活動

  • 新入社員からOBまで、家族でも参加でき、ともに共通の目的の為、森林を取り戻していく活動ができたことは有意義でした。
  • 植林だけでなく、森もちゃんと使用することが必要だということが分かった。使用しないのではなく、使用しながらちゃんと管理も必要という感覚が強まった。
  • 本格的な植樹は初めてで、森林組合の方も丁寧にご対応頂き新たに木を育てることの難しさと地道な取り組みの重要性を学ぶことができました。

下草刈活動

  • 鎌を持ったことがなく不安でしたが、時間を忘れて夢中に下草刈りができました。
  • 子どもたちに身をもって森林の重要性、そして植林の意味、育て方について理解させる大変素晴らしい機会を与えて頂いたと感謝しています。
    木工教室でも、木のいい香りを楽しみつつ、作った木工を子どもたちは持ち帰り学習机の棚に早速飾り使っていました。使うたびに木の大切さを思い出してほしいと願っています。
  • 木を大きく育てるための下草刈りは大切な作業で、山を管理されている方には頭が下がります。

【関係者さまの声】

龍神村森林組合さま

パナソニック(当時 松下電工)から「企業の森」事業内定という電話を受けてから早10年。
おかげさまで荒れ地にならず山に木が植えられ成長し、また毎回楽しみな皆さんとの出会いに、感謝しております。
「ながきの森」の活動を通じていっそう「木」を大切に思ってもらい、これからも末永くお付き合いいただいて、森林・林業や山のくらしについて、もっともっと深く知ってもらえれば嬉しいなと思っております。

代表理事組合長 眞砂佳明

和歌山県 森林整備課さま

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社様が「企業の森」に参画され、10年を向かえました。
この間、社員の皆様の熱心な保全活動により、当初は裸地であった場所も、緑豊かな森林へと再生しつつあります。
また、森林保全以外でも目には見えないところで地域に与えていただいた恩恵も非常に多く、和歌山県のみならず田辺市や龍神村森林組合などオール和歌山で歓迎するとともに、心より感謝申しあげる次第です。
「ながきの森」の由来にもありますように、今後も県はこの「企業の森」を通じ、未来に向けて御社と共に末永く森林保全に努めて参ります。

和歌山県田辺市龍神行政局さま

当村の集落の暮らしは農林業を中心としたもので、林業が以前のような活気がなくなっている中で、御社のながきの森における植林等の活動は村との交流の場となり、元気に育つ森を見るとき、貴重な財産が大きく膨らんでいることを感じずにはいられません。
今後も植林等の活動を通じ、当村との交流を長く続けていただき、元気印の森づくりにご協力いただくことを切望しています。

【地域貢献活動】

森林保全活動を通じて、龍神村と交流活動を実施しています。

出前授業

2009年から毎年、龍神村内の小学校で「あかりのエコ教室」を実施。
累計 157名 受講

「あかりのエコ教室」の様子

祭りへの参加

龍神村民まつり「翔龍祭」で「LEDあんどん工作」を実施。
素材には、龍神村の間伐材や山路(さんじ)和紙を使用。

LEDあんどん工作の様子

ページの先頭へ