mirrormo_main

MiRRORMO

日テレR&Dラボ x FUTURE LIFE FACTORY

「ミロモ」は日テレR&DラボとFUTURE LIFE FACTORYのコラボレーションチーム「TONDEMO LIFE FACTORY」による、コロナ禍でのくらしの課題である「ストレスの悪循環」の解消を目的としたデジタルミラーのプロトタイプです。日々の暮らしの中で気づかない間に蓄積している「ストレス」を可視化し、その解消を促してくれます。帰宅後や在宅ワークの後、一日で溜まったストレスを「ストレスモンスター」として可視化し、それを鏡の中に棲むキャラクター「ミロモちゃん」の指示に従って退治することによって、自然にエクササイズが促され、ストレス解消が期待できます。 



"見えないストレス"を見える化し、自然に楽しく解消するデジタルミラー「ミロモ」
mirrormo_1
ストレスの測定には、パナソニックの「デジタルヒューマン技術」を応用

デジタルヒューマン技術は、パナソニックのプロダクト解析センターで開発された、 ココロの状態やカラダ負担を可視化・定量化する技術の総称で、使いやすい商品・ サービス作りや、工場やオフィスなど働く現場の改善などに活用されています。   

mirrormo_2
ミロモちゃんとストレスモンスター達

ミロモの前に立つと話しかけてくるのが、ミラーの中に棲むキャラクター"ミロモちゃん"。ミロモちゃんの呼びかけで鏡に手をかざすと、仕事や日々の暮らしの中で気づかない間に溜まったストレスが"ストレスモンスター"として見える化されます。
溜まっているストレスの度合いによってストレスモンスターの種類や数が変化し、ストレスが多いとボスモンスターも登場します。 ミロモちゃんの指示に従ってストレスモンスター達を退治することで、自然にストレス解消のエクササイズを促します。

mirrormo_3
「TONDEMO LIFE FACTORY」とは?

日本テレビのR&Dチーム"日テレR&Dラボ"と、パナソニックのデザインチーム FUTURE LIFE FACTORYの両社メンバーによるコラボレーションチームです。日テレの「アイデア・発想力や人を巻き込み動かす力」と、パナソニックの「テクノロジー、商品開発力、デザイン力」など、業種を超えてお互いのリソースを持ち合い、「社会課題の解決につながる、暮らしやエンターテインメントのビジネスアイデア」を創出することを目指し、2020年4月から活動しています。 アイデアのプロトタイプ第一弾として、コロナ禍でのくらしの課題である「ストレスの悪循環」(解消手段が無いまま、気が付かないうちに心身にストレスがたまり続けてしまうこと)の解消を目的としたデジタルミラーを制作しました。 

mirrormo_4
日テレR&Dラボ / テレビ局が、いろんなところと つながりたいnoteはこちらへ
mirrormo_5