パナソニック・ホーム パナソニック映像株式会社 トップ > Lab > やっぱりドローンは人気モノ!

Panasonic Visuals Lab

2016/12/12

やっぱりドローンは人気モノ!

 10月に開催した「パナソニック映像内覧会2016」。
様々なソリューションをご紹介しましたが、ご来場いただいた方々からのアンケートを見ると、ダントツの人気だった「ドローン」。
昨年の内覧会ではドローンを飛ばしたので、人気なのは分かるのですが、 飛ばさなかった今年もこんなに喜んでいただけるとは!?
内覧会に合わせて制作した、弊社2階のスタジオ紹介をドローンで行った映像もご好評を頂き、HPのアクセス率もなかなかのものでした。
スタジオの営業時間に支障がないように、スタッフと出演者は撮影当日6時に集合。 多少の曲芸(?)をご披露したり、社長も餌やりシーンに登場していただきました。

やはり“3,000フライトの男”小澤氏の威力はすごいようです。 内覧会翌週に某制作会社から名指しで撮影依頼が来るほどです。
ご存知の方も多いと思いますが、ドローンは勝手に飛ばせない。東京都内だとほとんどの場所で申請が必要だったり、 飛行禁止地域も多いんです。それよりも、ちゃんと飛ばせるオペレーターが少ないですよね。
“3,000フライト”ってホント?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、小澤氏は現在のように、 ドローンが登場する前からラジコンヘリでの空撮を開始。 飛行時間はその頃からの累積ですが、記録をとっているので、間違いはありません。 しかもドローン検定1級取得というお墨付きアリ!協会のHPにもちゃんと名前が載っていますよ。

撮影事例は今後「ドローン紹介ページ」を作成する予定ですので、順次ご紹介していきますが、 まずはここでいくつかご紹介。
群馬県にある妙義山。日本三大奇勝としても有名ですが、こちらはその妙義山をドローンで4K撮影したものです。 やはり迫力が違いますね。(この映像は2015年7月に撮影したものです)

こちらは現在BS-TBSで放送中の「極上のクルーズ紀行」のためにドローンで4K撮影されたものです。 クルーズ船がより優雅に見えますね。
今後もドローンの事例をご紹介していきますので、お楽しみに!

パナソニック・ホーム パナソニック映像株式会社 トップ > Lab > やっぱりドローンは人気モノ!