パナソニック・ホーム パナソニック映像株式会社 トップ > Lab > 業界初! バリカムドローン大作戦

パナソニック映像株式会社 Lab 業界初! バリカムドローン大作戦

Panasonic Visuals Lab

2016/02/29

業界初! バリカムドローン大作戦

Part 1:企画会議

最近当社の撮影部でも超売れっ子として活躍している「ドローン」。しかし今回の企画はハードルが高い!
なんとパナソニックの4Kカメラ、「VARICAM35」をドローンにつけて飛ばそうという企画が持ち上がったのだ。

drone_01.jpgvaricam35.jpg

奥から今回の企画立案者であるPanasonic AVC社瓜阪氏、手前は私塩沢。そして当社技術顧問の竹内氏。
問題はその重量。レンズをつければ10キロにはなる「VARICAM35」をドローンで飛ばす・・・。
無謀としか思えないが、実際に可能なのかどうか作戦会議が始まった。

drone_02.jpg

今回の一番の目的は「VARICAM35」のISO5000撮影により高感度でも低ノイズ映像の検証。だから飛ばすのも当然夜になる。まずロケ候補地として、川崎工場地帯がその候補に…。

Part 2:ロケハン…ロケハン

ということで、早速工場萌えの聖地とも言える川崎市市営埠頭から見た川崎工場地帯のロケハンに。

drone_03.jpgdrone_04.jpg

船上からの工場夜景クルーズが行われる程の人気ロケーションだけあり最高の場所でした。
翌朝早速、川崎市市役所の埠頭管理課に確認。
しかし「川崎市では、一切ラジコンの飛行許可を出さない」との回答。残念!

drone_05.jpgdrone_06.jpg

そこで次に目をつけた場所は「日本丸」の桟橋埠頭。(どこだ?)東京に停泊している時はここが係留場所。
候補としては最高!
尚、カメラを片手に撮影しているのは、今回の総合演出をお願いするあの大御所カメラマン「阪本善尚」氏!
早速管理センターに連絡すると撮影候補日には日本丸が出航していることが判明。またしても、残念…。

drone_07.jpgdrone_08.jpg

そしてそろそろお尻に火がつき始めたある夜、会社の窓から天王洲運河を眺めてふと思った!「ここって結構キレイじゃない?」
灯台元暗しとはこの事か?思い立ったら早速テスト!ラジコン歴25年、今や超売れっ子のドローンオペレーターとなった当社・小澤の操作で、関係者一同によるロケーション確認飛行を行った。結果は、ここに決定!
さあ撮影地は決まった。後は…

Part 3:バリカム・ドローン

夜景のロケ地が決まったら、いよいよ残るはバリカムが搭載できるドローンの問題!いったい日本に10キロを越えるカメラを乗せられるドローンはあるのか?

drone_10.jpgdrone_11.jpg

ということで今回協力を仰いだのは「株式会社プロドローン」さん。そして今回ベースとして使用するドローンは、直径2m6枚羽を持つ大型ドローン、最大制裁重量はなんと30キロ!なんとも力強い味方が登場です。

drone_12.jpgdrone_13.jpg

しかしバリカムを乗せ、更に安全対策や墜落時の対応まで考えると様々な検証と課題がありました。

  • 飛行時のバランスを保つために、ドローンのジンバルにはバリカムのカメラヘッドのみを付け、収録機は別に装着。
  • 既存ケーブルではジンバルの動きに負荷がかかる為、カメラヘッドと収録機を結ぶケーブルは特注対応に。
  • バリカムの重量を考えると、搭載できるバッテリーでの今回のフライト時間は1回でMAX5分が限界。
  • 海上保安庁より対策を求められている海上墜落時の回収方法の対応。

で、遂に完成したのが、こちら。改良型大型ドローン!プロドローンさん有り難う!

Part 4:いざ本番! 飛ぶのか?墜ちるのか?

プロジェクトスタートからおよそ二ヶ月、いよいよ撮影本番。天気は晴れのち曇り…。朝方は風が強かったが、夕方からは微風に。

drone_14.jpgdrone_15.jpg

坂本善尚氏も最終フライト航路を念入りに確認。
撮影の為に、小型クルーザー、屋形船(一龍さん)、エキストラの方々を仕込み、1カット撮影で挑みます。
ある方面からは、「墜ちた方が話題になるんじゃない?」なんて不謹慎な声も。
どうなる!バリカム・ドローン!!

★では完成映像をご覧下さい。

※ご覧いただいている映像はHDR対応モニターで視聴した場合のみ、本来の画質が再現できます。ご了承ください。

皆様いかがでしたでしょうか?関係者の皆様、ご協力いただいた皆様、本当に有り難うございました!
今回の無謀な企画を胸に、私たちは更に上をいく企画をめざして…。

image_camera_lt.jpg

そして、ここでの経験が生かされたドローン/ジンバル対応の小型4Kカメラ「VARICAM LT」も登場!
なんと本体重量は2.7kg!あの苦労が…。

パナソニック・ホーム パナソニック映像株式会社 トップ > Lab > 業界初! バリカムドローン大作戦