長期使用製品点検ご相談窓口へのよくあるお問い合わせに関するQ&Aです。

長期使用製品安全点検制度については、こちらからもご確認ください


長期使用製品安全点検制度の対象製品からの除外に関して

質問:いつから、何がどのように変わったのですか? またパナソニックの対応は?
回答:2021年8月の施行令改正に伴い、特定保守製品として指定された製品が9品目から2品目となり、パナソニックで対象に指定されていた製品(ビルトイン式電気食器洗機、浴室用電気乾燥機)について、特定保守製品から除外されました。
パナソニックとして、除外対象製品の内、一部の製品は「経過措置対象製品」として、お客様の要望に応じて一定期間メーカーが法定点検を実施する事が義務付けられています。また、「経過措置対象製品」でない「除外対象製品」に対しても、お客様の要望に応じて、法定点検に準じたメーカー点検を実施させて頂きます。
詳細については以下の内容をご確認ください。

質問:生産を終了している製品、点検期間が終了した製品はどのようになりますか?
回答:ビルトイン食器洗い乾燥機、バス換気乾燥機で、生産を終了させていただいている製品、点検期間が終了した製品についても、お客様のご要望によりパナソニック メーカー点検(有償)を実施させていただきます。
点検料金は、技術料・出張料・その他経費で構成されています。点検結果に対して、整備(修理)が必要になった場合の料金は含まれておりません。ご注意ください。
なお、製品の生産・販売終了している製品、点検期間が終了している製品については、整備用(修理)部品の保有状況により、点検後に必要な整備(修理)ができない場合がありますので、ご了承願います。


法定点検及び、パナソニック メーカー点検について

質問:点検時期はいつになるのですか
回答:パナソニックでは、JIS基準に基づいた「設計標準使用期間」を10年と定め、設計標準使用期間が終わる前後3年間を点検期間として、特定保守ラベルに「点検期間」を表示させていただいています。
なお、2021年8月の消費生活用製品安全法施行令の改正に伴い、特定保守製品のラベルが貼り付けられていない製品については、製品銘版ラベル、または、製品の保証書に記載された「製造年」をご確認いただき、10年経過を目安として、パナソニック 長期使用製品点検ご相談窓口へ点検をご依頼ください。

点検料金は、技術料・出張料・その他の経費で構成されています。
点検の結果、整備(修理)が必要になった場合の料金は含まれませんので、ご注意ください。

また、点検整備用部品の保有状況により、点検後に必要な整備(修理)ができない場合がありますので、ご了承願います。


質問:点検と同時に修理もおこなっていただけるのでしょうか。
回答:法定点検、及びパナソニック メーカー点検とも、ご使用いただいている製品について、点検基準に適合してうるかどうかを確認させていただくもので、製品の整備(部品交換や修理など)は含まれておりません。点検の結果、製品の整備(修理)必要な場合につきましては、整備(修理)方法や部品代、技術料、出張料等について説明させていただきますので、お客様のご判断、正式なご依頼により、改めて実施させていただきます。
なお、点検整備用部品の保有状況により、必要な整備(修理)ができない場合がありますので、ご了承ください。

質問:法定点検、及びパナソニック メーカー点検を受けたら、今までと同じように使用できますか。
回答:法定点検、メーカー点検を実施した後、継続して製品をご使用いただく場合は、運転中に異常な音がする等、異常な症状が見られた場合には、直ちに使用を中止し、お買い求めいただきましたご販売店または、パナソニックの修理サービス拠点へご連絡ください。
なお、個々に設定させていただいております整備用部品の保有期間を超過した場合は、修理できない場合があります。


賃貸住宅について

質問:集合住宅(賃貸住宅)の点検を実施する場合の入居者への案内や日程調整をメーカーにお願いすることはできますか?
回答:賃貸住宅の入居者への点検案内や日程調整は、製品を所有されているお客様、または所有されているお客様が指定された方の業務となります。
製品を所有されているお客様、所有されているお客様が指定された方での取りまとめをよろしくお願いいたします。

質問:集合住宅にいます。入居者が法定点検、及びメーカー点検を依頼することができますか?
回答:点検を依頼するかどうかの判断は、製品の所有されているお客様、または所有されているお客様が指定された方にあります。所有されているお客様、または所有されているお客様が指定された方とご相談いただき、点検費用のお支払い等を含め同意が得られた後にお申込みください。

質問:集合住宅に住んでいますが、所有者(オーナー・家主)が点検を受けないとの判断をされています。入居者自ら点検申込みすることはできますか?
回答:入居者様自ら点検費用のお支払いをしていただける場合は、お申込みしていただけます。

質問:集合住宅に住んでいます。入居者が点検を依頼することができますか?
回答:点検を依頼するかどうかの判断は、製品の所有されているお客様、または所有されているお客様が指定された方にあります。
所有されているお客様、または所有されているお客様が指定された方とご相談いただき、点検費用のお支払い等を含め同意が得られた後にお申込みください。


所有者登録について

質問:所有者登録はしなくても良いのですか。
回答:2021年8月から、ビルトイン食器洗い乾燥機、バス換気乾燥機が長期使用製品安全点検制度の対象製品(特定保守製品)から除外されました。
所有者様(お客様、賃貸業者等)の所有者情報を特定製造事業者(メーカー)に提供する責務が解消され、所有者登録は終了となりました。パナソニックでは、2021年7月31日に所有者登録の受付を終了しております。
電話やインターネットによる所有者登録は不要です。また、製品に返送用の所有者票が同梱されていた場合、返送していただく必要もありません。

質問:所有者登録をしたはずですが、点検通知が届きません。
回答:お客様の所有者登録について確認をさせていただきます。
パナソニック株式会社 長期使用製品点検ご相談窓口までご連絡下さい

質問:所有者票の郵送は必要でしょうか?
回答:長期使用製品安全点検制度の対象製品(特定保守製品)から除外(2021年8月)された事により、製品の所有者様は、所有者(お客様)情報を、特定製造事業者(メーカー)に登録する責務が解消されました。
製品に同梱されている所有者票(はがき)の郵送は不要です。
なお、電話(フリーダイヤル)やインターネットによる登録の必要もありません。


点検時期お知らせ機能について

質問:なぜ点検時期お知らせ機能がついているのですか?
回答:お客様が製品のご購入後、点検時期をお知らせするため、一部の機種では、ランプの点灯などにより点検時期の到来をお知らせする機能を搭載しています。

質問:点検時期お知らせ機能が点灯・点滅した後も、そのまま使用できますか?
回答:この機能は、点検時期をお知らせするものです。点灯・点滅状態のままでもご使用いただけます。
但し製品を継続して使用されますと、経年劣化にともない発火・けが等の事故に至るおそれがありますので、早めの点検の実施をお願いいたします。
お問い合わせは、「パナソニック株式会社 長期使用製品点検ご相談窓口」までご連絡下さい。

質問:「点検時期のお知らせ機能」とは異なる表示やランプが点灯・点滅している
回答:通常の運転時でもランプは点灯・点滅しますが、製品の異常を知らせるエラーコードが表示されている可能性もあります。先ずは取扱説明書でエラーコードに該当するかどうかをご確認ください。 (エラーコードに該当しなければ、通常運転による点灯・点滅です)

質問:点検を受けずに「点検時期お知らせ機能」を停止させることはできますか?
回答:お知らせ機能表示は、点検(有償)の実施後の解除となります。ご理解の程よろしくお願いいたします。
この機能は点検時期をお知らせするもので、点灯・点滅のままでご使用いただけます。但し、製品を継続して使用されますと、経年劣化にともない発火・けが等の事故に至るおそれがありますので、お早めの点検をお願いいたします。

質問:賃貸物件に付いていた特定保守製品の「点検時期お知らせ機能」が点灯・点滅した。どうしたら良いですか?
回答:賃貸物件に設置している製品の所有者は、基本的にその物件の持ち主(貸主)になります。(賃貸契約の内容により異なる場合があります)賃貸物件のオーナー、管理会社、仲介の不動産会社等にご連絡をお願いいたします。

質問:中古物件に引っ越して、転居先の特定保守製品を使おうとしたら「点検時期お知らせ機能」が点灯・点滅している。どうしたら良いですか?
回答:前居住者様が当該特定保守製品の点検を実施していない可能性があります。中古物件(分譲)の場合は、法律上、その物件の購入者が製品の所有者になります。 所有者様の場合は「パナソニック株式会社 長期使用製品点検ご相談窓口」までご連絡下さい。
また、賃貸物件で入居者様(借主)の場合は、持ち主様(貸主)、管理会社とご連絡ください。

その他

質問:点検を実施したお客様の個人情報を教えて欲しい
回答:パナソニックとしては、点検をご依頼いただいたお客様に対する点検結果をお伝えする義務を負っています。この点検結果は、個人情報となります。
お客様の個人情報を第三者へ提供することは禁止されています。(個人情報保護法)また、消費生活用製品安全法(第32条13)においての所有者情報は、利用目的の範囲を超えて取り扱ってはならないことが明記されています。
以上のことを踏まえ、点検結果の開示はできないことをご了承賜りますようお願いいたします。
質問:法令が改正されたとの事ですが、特製保守製品として所有者登録をおこなった個人情報はどうなるのですか。
回答:過去、お客様から頂戴いたしました所有者登録情報(個人情報)は、消費生活用製品安全法、個人情報保護法並びに当社規定により適切に管理し、法定点検、メーカー点検の実施、その他製品に関するお知らせ(製品の保守、買い替え、廃棄のご案内)をおこなう場合以外には使用いたしません。
併せて、個人情報の廃棄につきましても当社規定により所有者登録情報(個人情報)は、適切に廃棄させていただきます。

本文の先頭