イベント情報

「SDGs、気候変動はビジネスをどう変えるのか」末吉竹二郎さん講演会・パネルディスカッション

画像:教育プログラムロゴ

写真:末吉竹二郎氏

国連が定めた「持続可能な開発目標SDGs」をうけて、取り組むべき課題や今後の展望について、各界有識者よりお話をいただきます。
今回は昨今注目を集める気候変動やエネルギー問題をテーマに、ビジネス界の変化や日本の貢献領域についての意見交換を行います。
当社の水素エネルギーの取り組みについてもご紹介しながら、ゲストや来場者の皆様と共に、エネルギーの新たな時代に向けて考える機会としたいと思います。

開催日:
2019年12月6日(金曜日)
時間:
10時00分~11時45分(9時30分開場)
12時00分~12時30分 特別ガイドツアー
4階 ビジネスソリューションズ「未来区」※希望者のみ
⇒「未来区」の詳細はこちら(PDF)
場所:
パナソニックセンター東京 ホール
  • 参加無料
  • 事前申込制

参加お申し込みはこちらから:別ウィンドウで開きます

▼Peatixをご利用の方はこちら
Peatixをご利用の方の参加お申し込みはこちらから:別ウィンドウで開きます

スケジュール:
〈第一部〉
10時00分~10時50分 講演
「SDGs、気候変動はビジネスをどう変えるのか」

<講演者>
末吉竹二郎氏(WWFジャパン会長)

世界の気候変動の現状、SDGsによってもたらされたビジネス界の変化、日本に期待される貢献領域について広い視点で語っていただきます。
〈第二部〉
11時00分~11時45分 パネルディスカッション
「脱炭素社会の実現に向けたエネルギー新時代の展望」

<パネリスト>
末吉竹二郎氏(WWFジャパン会長)
加藤玄道(パナソニック アプライアンス社)
他、調整中
<モデレーター>
神保重紀氏(日経BP総研 主席研究員)

再エネの導入が進み、脱炭素社会の実現が現実のものとなりつつあります。そして水素やコジェネといった更なる新エネルギーの社会実装も期待されています。
2020年という記念をすべきタイミングを迎える今、改めて日本のエネルギーはどのように進むべきなのか。
各界の専門家にその動向を展望いただきます。
対象:
一般の方
主催:
パナソニック株式会社

写真:パナソニックセンター東京外観

登壇者:

末吉竹二郎氏

三菱銀行取締役、日興アセットマネジメント副社長を経て、
国連環境計画・金融イニシアティブ・特別顧問に。
2018年9月、WWFジャパン会長に就任。

写真:末吉竹二郎氏末吉竹二郎氏

加藤玄道

パナソニック アプライアンス社 スマートエネルギーシステム事業部
燃料電池戦略担当(渉外担当)
/燃料電池推進協議会(FCCJ)定地用ワーキング 主査

写真:加藤玄道加藤玄道

神保重紀氏

1984年慶應義塾大学卒業、1988年日経BP入社。
月刊誌『日経情報ストラテジー』や『日経エコロジー』の編集長を務め、2011年から日経BP総研 主席研究員。
日経BP総研では、エネルギー・環境やスマートシティを専門とし、スマートシティに関する国際会議「Smart City Week」の監修や「日経エネルギーNext・ビジネス会議」の主宰など編集業務以外にも企画立案やモデレーターなど多数行う。

写真:神保重紀氏神保重紀氏

イベント情報一覧