60周年バナー

 パナソニック補聴器は、1959年にポケット型補聴器(CB-801)を発売してから2019年6月で60年を迎えました。常にお客様の声に向き合い、いかに自然で快適な「聞こえ」をお届けできるかを追求し、音響機器の開発で培った技術を活用した製品開発やモノづくりを実践。「音質にこだわりたい」「装用感にこだわりたい」「使いやすさにこだわりたい」といったさまざまなニーズに応え、新たな提案を行ってきました。また「聞こえ」の相談から聴力測定、補聴器選び、販売、購入後のアフターフォローに至るまで一貫して専門スタッフが対応。当社ならではのネットワークを生かして全国のお客様に寄り添い、お困りごとに対して、きめ細やかに対応しています。今後も、パナソニックは優れた補聴器の開発と販売を通じ、聞こえることの嬉しさと聞くことの楽しさをお届けし、豊かなくらしの実現に貢献していきます。

会社概要

経営理念
会社案内
60年の歴史
採用情報

商品情報

商品ラインナップ
販売店のご案内
補聴器について知る

お問い合わせ

補聴器相談センター